デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Poland旅行(Kraków 1)

Polandにやってきて早10日。ついに最終目的地Krakówに向かいます。Krakówでは4泊したのでこの時点でようやく旅も後半に入ったという感じですが。

12時の電車で出発。今回の電車は車両も新しく、自動ドアがついています(いままでは全て手動のボロッちい電車)。コンパートメントも少しゆったりした感じで、イスも快適です。そして今回は同じコンパートメントにはポーランド人のおばさんというかお姉さんがいるだけでかなり広々。座席に横になれそうなぐらいです。しかも無料のドリンクサービス付。当然ポーランド語で言われたので初めは普通に売りに来たのかと思いましたが、向かいのお姉さんが無料だと教えてくれたので紅茶をいただきました。このお姉さんもドリンクを持ってきてくれた人も英語が話せる人でした。もう一般人は英語を話せないものと考えていたのでいきなり英語で話しかけるのはちょっと気が引けていました。

所要時間は3時間の予定でしたが、途中単線の区間で対向する電車が遅れているためか30分ほど止まっていたのでその分遅れましたが、今までの路線よりは早く到着しました。

Krakówに着くととにかく暑い。快晴で雲ひとつないので、日差しがとても強い。コペンより強いかもしれないぐらい。しかも湿度も若干高め。まあ日本の夏に比べればはるかに過ごしやすいのですが、デンマークに1年もいると夏暑いのはもう無理!となってしまうのでこれぐらい(多分30度ぐらい)でも結構つらいです。

今回の宿はホステル。旧市街の駅から近いところにあるので早速チェックインしました。相部屋に泊まるなんていつぞやの学会以来だけど、普通にホステルに泊まるのは実は初めてでした。しかも学会のときは一緒の部屋にいるのは同じ分野の学生かスタッフで、いつもかなり飲んでから寝るけど、全く関係ない人、しかも日本人などいるはずもないところで果たして寝付けるかはちょっと心配でした。

部屋にはすでに3、4人ほどいるようでしたがみんな出払っていてどんな人がいるのかはわかりませんでした。自分も荷物を置いたら早速市内を散策に出かけました。

何はともあれまずは旧市街の中心にある広場に向かいました。広場にはひときわ大きい教会が立っています。

b0121425_66372.jpg


こちらはその教会の前に広がる旧市街広場。200m四方もあるかなり広い広場です。Warszawaの旧市街全体よりも広いかもしれない。

b0121425_672268.jpg


広場には甲冑を身に着けた人がいました。大道芸人の一種です。しかし、この暑い中大変だな。

b0121425_683335.jpg


広場の真ん中にある建物はみやげ物屋が軒を連ねていて、民芸品から琥珀細工、Tシャツなどのどこにでもあるみやげ物までいろいろおいてあります。

b0121425_6181616.jpg


旧市街の北側にはWarszawaと同じくBarbakanという門があります。しかしWarszawaと違って入場料を払わないと通り抜けることはできません。

b0121425_611724.jpg


現在の旧市街への入り口はこんな感じ。

b0121425_6131523.jpg


といっても門が残っているのはここだけで、他の場所からは普通に入ることができます。ただ旧市街を囲むように公園があり、車は一部の道路からしか中に入ることができません。

この門をくぐると広場までメインストリートが続いています。

b0121425_6153572.jpg


しかし、この日はとにかく暑かったので広場でビールを一杯飲みました。やっぱり暑い日に外で飲むビールは格別です。Polandには数種類のビールがありますが、毎日飲み比べていたので大分違いがわかるようになりました。これについては後で書きます。

Krakówの見所は旧市街とその南側の丘の上にあるWawelというお城です。プラハ城ほど大きくもないし、豪華さもないですがきれいなところです。ただ一部の建物には入場制限がありツアー以外は入場時間も決まっており、チケットも1日1000枚しかないようです。この日は日曜でついたのも遅かったのですでにチケットは売り切れ。それにもうすぐ閉まる時間だったので中庭を周るだけにしました。

夕飯を食べて宿に戻ると他の宿泊者が戻ってきていて、シャワーを浴びていました。自分も浴びたいので出てくるのを待っていると、出てきたのはなんと女の子でした。一瞬固まりました。相部屋といってもそこまで相部屋にするのか?彼女はオーストラリアから来たそうです。挨拶もそこそこでいきなりKrakówに何しに来たのと聞いてきました。そっちこそ地球の裏側から何しに来たと聞きたいぐらいですが、まあ適当に答えて置きました。

しかし、なぜ女の子と同じ部屋かというと、カップルだからのようです。カップルは基本的に男部屋に入れられるようです。女の子単独か女の子だけの場合は女部屋ができるようです。まあ女部屋にカップルで入ったら男の方は居心地が悪そうだしまだいいのかな。ちなみに別の宿泊者もカップルだったのでカップル2組と男1人となんとも微妙な状況でした。さらにもう一組の方の男のいびきがうるさくてなかなか寝付けないというおまけ付でした。やっぱり知らない人と相部屋はきついなと思ったKraków初日でした。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-07-31 06:43 | 旅行