デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2011年 10月 25日 ( 1 )

二輪免許取得への道3

日曜は午前中に3回目の教習。今日も2時間連続です。前日の疲労が取れぬままなので眠いし、筋肉痛で連続はもうやめておこうかと思いました。今日ももう一人の人と一緒に教習。偶然にもというかやっぱりという感じで昨日と同じ人と一緒でした。

まずは8の字から。2速のまま8の字に書かれたラインの間をぐるぐる走ります。特に問題なく何周かしたら続いてポールの間をゆっくり半クラッチで走行。これも問題なく終了。ということで次の課題、一本橋とスラロームをやってみることになりました。まだ開始10分、15分ぐらいだったのでなんかいい感じです。このままうまくいけばすぐに先に進めるのではと期待できます。

一本橋1回目はとりあえず脱輪せずにいけました。もっとアクセルを使うようにとのことでしたが、惰性で最後まで行ってしまいました。続いてスラローム。とりあえず引っ掛けずにいけましたがかなり大回りだった感じです。その後、この2つを繰り返しましたが一本橋は脱輪は1回だけでした。しかし、スラロームはいまいち感覚がつかめない。ここで1時間目が終了。

続いて2時間目。教官は変わりましたが基本的に同じ面子で練習。何度かやっていると教官に後ろに乗れといわれ、教官のお手本を身を持って体験することに。バイクの2人乗りは初めてでしたが、むちゃくちゃ怖かった。普通に加速するだけでもヒヤッとするのにスラロームなんてもうロデオかという感じでした。かなり車体を傾けるのでそのたびに振り落とされそうになるのを必死でしがみついていました。とにかくニーグリップをしっかりして目線を先にやることが大切だといわれました。ということでそれを意識してやるとスラロームが意外とスムーズにできるようになってきました。一本橋もアクセルをきちんと開けてやったらOKでした。ということでさらに課題が増えてS字とクランクが追加されました。まあS字は8の字の半分で縁石があるだけですから特に問題なし。しかし、クランクは1回目はうまくできて、なんだいけるじゃないかと思ったらその後はダメダメでした。ちょうどそのころコースが混みだして、うまく自分のペースでできなくなってきたのもありました。混んできたのもあって結局3回ぐらいしかできずに終了。

教官からは次回はもう一回同じことをやりましょうと言われ早速1回延長となりました。まあ一緒にやっていた人も全員延長のようでしたが。一回延長で3000円ぐらいかかりますが割引料金だったのでまあいいかな。それにあせって免許をとったところで国内でバイクを買う予定はないので、乗る機会がなくなってしまいそうだから気長にやっていくこととしましょう。それに今回の2時間連続を2日続けると相当疲れると痛感したので少しペースを落としたくなりました。それはこけてバイクを引き起こさないといけないからによる部分も大きいですが。おかげで今日は全身筋肉痛です。それでも今週末にみっちりやったおかげで一週間空いてもそんなに忘れていないんじゃないかとも思います。とにかく疲労を溜めず、無理しないでやっていこうと思います。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2011-10-25 00:18 | 日常