デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:デンマーク語( 10 )

モジュールテスト、無事合格することができました。これで初級は終了。次からは中級というところですが来週には帰国なので残念ながらこれにて終了です。

口述試験の始まる前に筆記の結果を見せてもらいましたがかなり余裕に感じただけあってリスニング、リーディングは満点でした。ライティングの方も結構しっかり書いたのでmeget godとハナマルの評価でした。

口述試験では英語の使用は厳禁。使ったら即失格です。まあでも英語がそんなにすぐに出てくるわけではないのでその辺は日本人にはあまり問題ないかもしれません。それに最近は英語のときは英語で、デンマーク語のときはデンマーク語だけとスイッチが切り替わるようになってきているし。テストはあらかじめ準備した5つのテーマからくじ引きで選んだのが自分の仕事に関してだったので、それについて話して試験官との質疑応答。そのあと提示されたテーマから一つ選び、一緒にテストを受けている生徒との質疑応答で20分ほどでテストは終了。

すぐさま結果が知らされますが、試験官からmeget flotとお褒めの言葉をいただきました。もう基礎はばっちりということなんだと思います。次のモジュールも続けるかと聞かれたけど、日本に帰らなきゃいけないというと本当に残念だと言われました。他のクラスメートもみんな本気で残念がってくれるので、いいクラスメートに恵まれたことが半年間この難解な言語を学び続けてこれた理由の一つでもあると思います。

日本に帰ったらデンマーク語を日常で見ることは意識してデンマークのサイトでものぞくようにしないとまず無理だけれど、なるべく忘れないようにたまには見るようにしようと思います。それに今の同僚とのメールのやり取りはデンマーク語でやるだろうから、しょっちゅうメールを送っていれば上達もするかもしれません。

デンマーク語を習って普段はそんなに使わないのだけれど、やっぱりデンマークで暮らしている限りは結構役に立ちました。買い物に行っても最近は英語で言ってもらう必要もなくなってきたし、引越しでいろいろ手続きが必要だけれどその情報も調べられるようになったし。特に今日、アパートの管理人さんに引越しの際の確認をお願いするため電話したとき、はじめに英語はなせますかというと力強くNoといわれたので頑張ってデンマーク語で話したけど、結構普通に会話できて問題なく予定を決めることができました。

明日はおそらく最後の合気道。その後は日本へ発つまでの1週間、早めに引越しの準備を済ませて、ゆっくり買い物したり、まだ行っていないところへ行ってみたり、友人とゆっくり食事したりしてすごそうと思います。仕事の方は今週で終わりの予定でしたが、どうも来週も行かなきゃいけない雰囲気です。まあほとんど片づけして、飯を食べに行くだけのような気もしますが。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-09-25 07:23 | デンマーク語
本日はデンマーク語のモジュールテスト。日本に帰ってしまえばもうほとんど使う機会のないデンマーク語ですが、せっかく習っているのでけじめとしてちゃんとテストに受かっておきたいです。といってもまだモジュール2なのでこれに受かってようやく初級が終わるといった感じ。

モジュール1のときは口述試験だけでしたが、今回は読み、書き、聞き取り、口述全てあります。そして今日は口述以外の筆記試験を受けました。

まずはリスニングの試験から。夏休み前の授業で試しに過去問をやってみる機会があったけど、このリスニングが鬼門でした。しかし、それから3ヶ月ほどたった今、テストを受けてみると自分でも驚くほど自然に聞こえるようになっていました。内容はたいして難しくないのでよく聞けば完全に理解できました。だからちょっとした引っ掛けがあっても全く問題なし。テスト自体、選択式か、文章の時系列にしたがってそれを説明した絵を並べていくだけなのですが、かなり余裕を持ってできました。

リーディングは広告のようなものから必要な情報を書き出す問題、1ページほどの文章を読んで質問に答える問題、穴埋め問題でしたが、こちらも問題なし。少しぐらいわからない単語があっても大丈夫でした。

最後のライティングは制限時間30分で友人あてに遊びに誘う手紙を書くというもの。これも普段の授業で似たようなものをしょっちゅう書いているし、辞書が使用可だったのでおそらく大丈夫。

テストは簡単だったとはいえ、2時間近く休憩無しでやっていたので結構疲れました。リスニングとリーディングに関してはライティングの間に先生が採点を済ませ、一緒に受けた4人とも合格とのことでした。ライティングの方もおそらく大丈夫じゃないかと思います。

デンマーク語を習い始めて半年。授業を受けてみて日本でも本当に英語をマスターさせたいと思うのならこれぐらいインテンシブな授業をしなければいけないし、すればちゃんと使えるようになるのではないかと思いました。モジュール2になってから授業の9割はデンマーク語だし、教科書類にもデンマーク語以外かかれていないし、何より(英語に)訳すのではなくそのまま理解する事を目的としているのが違います。もちろんこの授業は母国で高等教育まで受けて、英語を理解できる人を対象にしたアドバンスドなクラスですが日本の英語教育にも参考になるような気がします。まあ日本だと英語をまともに話せる先生が少ない、大学入試まで訳すことぐらいしか求められないとか、そもそも日常で使う機会がないし必要ない、本当に話せるようになってしまったら英会話学校の商売あがったりだったりといろいろあって難しいでしょうが。

自分にとっては基本的に語学が好きなのでデンマーク語を習うこと自体が楽しいのですが、英語をベースにデンマーク語を習っているのと、クラスメートとは英語でコミュニケーションをとっているので英語学習にもいいフィードバックがかかっています。さらにデンマーク語の勉強方法を英語にも適用すれば英語力も上がっていくものと思います。

後は水曜の口述試験のみ。これが一番の問題です。試験は2人一組で自分で選んで読んだ小説3冊に関する要約か自分の選んだテーマ2つの中からランダムに1つ選んでパートナーに説明して、質疑応答。それから何かしら用意されているお題について質問しあうというもの。自分が話す分にはまあいいのだけれど、問題はパートナーの言う事を理解できるか。小説の要約も読んだことのあるやつだったらいいけど、知らない内容の要約を聞いて、質問するというのはきついです。しかもみんな自分の好きなようにまとめただけで知らない相手にもわかるようには絶対に準備してこないでしょうからわけの分からないものに対して質問するのは大変です。それに先生の言うことはほとんど分かるようになったのですが、同級生の発音も文法もめちゃくちゃなデンマーク語を理解するのは正直つらいです(人のこといえないでしょうが)。しかし、語学学校に行くのも水曜でおそらく最後。有終の美を飾りたいです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-09-23 07:24 | デンマーク語

授業再開

昨日からデンマーク語の授業が再開しました。久しぶりの授業ということだけあって多少の混乱がありました。

6月まで習っていた先生がポジションを変えたので今月から違う先生に習うことになっていました。教室は変わらないので同じ部屋に行くと、いつもどおり時間前に来る人はほとんどおらず、はじめてみる人が一人いるだけでした。彼は今回が初めてだそうで学期初めだから新しい人が来るのは普通のことです。しかし、その後数人入ってきましたがどの人もはじめてみる人。ひょっとしてクラスを間違えているのかと思いました。そして先生が入ってきて自己紹介をしましたが、先生の名前が送られてきた手紙に書かれていたのと違います。いよいよ間違いだったかと思い、先生に聞いてみると手紙に書いてあった先生は転職して、自分が代わりだとのこと。このいい加減なところがいかにもデンマーク的です。

そして逆に今日初めてあった人のうち、2人はクラスを間違えてきていたことが判明。自己紹介したところでさようならとなりました。そのうちに以前からのクラスメートが2人やってきましたが、彼女らもやはり少し迷っていたようです。

久しぶりの授業、先生と会うのもはじめて、今回からモジュール2に上がった人もいるということで授業はごく簡単な感じ。もしかしたら前の先生がかなりハイペースだったのかもしれませんが。しかし、新人は語彙もあまりないし、先生の言うこともあまり理解できていないよう。こういうのを見ると自分も結構上達してきているんだなと思います。まあ半年もやっているから当然なんですが。

でも9月中にモジュールテストを受けることになっているのでそれまでにもう少し上達しておく必要があります。次は読み、書き、リスニング、スピーキング全てあるのでしっかり基礎を固めておかなければなりません。

ただそれ以降については不明です。先日ボスと話して予算がもうないから契約延長はできないことが正式に決まったので今の職場は9月末までです。まあ結果も出てないし、こちらとしてもこれ以上いてもしょうがないような気がしていたので保険がなくなったというぐらいのものです。しかし、10月以降のポジションをできるだけ早く見つけなけらばなりません。ボスは推薦書はしっかり書いてくれるし、アプリケーションもちゃんとチェックしてくれるといっているので、明日にでも以前使ったCV、アプリケーションを修正して見せてみようと思います。

ちなみにデンマークで有機化学者の職は以前研究所にいた人にも聞きましたが、基本的にUnsolicitedのようです。それはデンマークで有機化学の研究をしている機関がごく限られているので大体の求人は人づてで決まるようです。ということで自分もその輪に入れてもらえるようしっかりとアプリケーションを書かねばなりません。来週中には応募して、今月中に面接の案内が来て、9月頭には決まり、ビザの変更がスムーズにいけばいいなと期待しておきます。前に応募してみた職は完全にオープンなポジションでしたが、3週間ほどで選考が終わったようなので空きさえあれば無理な話ではないはずです。一応デンマーク以外のヨーロッパでも探してみます。

もし見つからなかったらビザも切れるので日本に帰ることになりますが、ポスドク1年半じゃ中途採用ではないだろうし、今の時期大抵の企業は採用していないので9月頭に前のボスが来るときに相談します。帰ったらまあ研究者として働くところは一応いくつかあるはずです。半年そこで頑張って、4月から本格的に働くか、それまでも他の海外の職に応募し続けることになると思います。まあ日本に帰ることは今月はあまり考えずに、デンマークでの就職活動と今の仕事を9月末までに終わらせることに集中します。ということで今月はかなり忙しくなります。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-08-08 03:23 | デンマーク語

追い上げ

今日で語学学校の夏休みも終わり。明日から授業が始まります。また月、水は仕事帰りに語学学校、火曜は宿題に追われ、木曜は合気道という忙しい日々が戻ってきます。

ということで夏休み終了直前の小学生のように夏休みの宿題に追われています、というかこれからはじめます。まあ普通の学校のようにやらないと怒られるということはないけど、やらないと上達しないのでできるだけやります。文法書以外は、ネットで自習という感じなのでノルマはたいしたことありません。基本的には忘れないように復習しておくという意味合いが強いと思います。まあまだ何もしていませんが。

だからといって夏休み中遊んでいたわけではありません。いや遊んでたけど、デンマーク語に全く触れないでいたわけではありません。家にいるときはいつもデンマーク語のニュースを見ているし。といってもほとんど聞き流しているに近いけど。最近はパリス・ヒルトン来デンがかなり大きく取り上げられています。

Polandに旅行に行っている間もガイドブックはデンマーク語のをメインで見ていたし、ドラゴンボールのデンマーク語版も読んでたし、隣の席にデンマーク人がいたら何を話しているか聞いてみたりしていました。

だからデンマーク語を全く勉強していないわけではないのですが、もっぱらインプットだけで書いたり、話したりする方はほとんど何もしていません。まあ書く方は大丈夫だろうけど、話す方(聞くほうも)はなかなかうまくなりません。これは英語でも同じで、読み、聞き取りはほぼ問題ないし、書くのは大体大丈夫だけど、話す方はなかなか思うように言葉が出てきません。まあ内容と話す相手にもよりますが。日本語でもそうですけどね。


とにかくこれから宿題をやります。できるだけ終わらせられるように頑張ります。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-08-06 03:24 | デンマーク語
最近デンマーク語の勉強にドラゴンボールを読んでいます。単行本は全てデンマーク語訳されていますが、さすがにそれは量が多すぎるし高い(1冊60 kr ≒ 1200円)のでアニメコミックスを読んでいます。サブタイトルはSAIYAJIN-SAGAEN。ドラゴンボールZの最初の部分です。

内容はほとんど覚えているし、あまり難しい表現も出てこないので初心者向きだと思います。ただ、日常生活ではほとんど使わない表現も多い気がしますが。懐かしい「戦闘力たったの5か…ゴミめ」は"En kampstyrke på fem...? Latterligt!"と訳されています。まあ絶対に使わない表現でしょう。

デンマーク語ではJはヤユヨの音になるのでSaiyajinはサイヤインになるのでしょうか。さらにデンマーク語では英語のtheに相当する語を単語の後につけるので(Saga-en)、特定のサイヤ人複数形はSaiyajinerneとなるので話の中で出てきたらよくわからなそうです(まずないですが)。

ドラゴンボール以外にもワンピースとか遊戯王などもデンマーク語版がでています。多少スランギッシュなデンマーク語でしょうが、初心者にはいい勉強になるし、なにより懐かしいです。さすがに子供向けの絵本なんかを買うのはちょっと気が引けるけど、日本の漫画を買う分にはそれほど気にする必要がないのもいいです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-05-25 21:49 | デンマーク語

宿題多!

今日はModule2の授業第二回目。先生は相変わらずデンマーク語をシャワーのように浴びせてきます。今日はさらに今まではあまりやらなかったディクテーションのコーナーが始まりました。英語でもきついのにデンマーク語ですからもうほとんどわかりません。聞いているだけでも意味があまりわからないのに、書き取りなんてまだまだです。案の定4分の1ぐらいしかできませんでした。まあ、でもこれができるようになったら聞き取りも書きもかなり上達するだろうから地道に続けていくことが大切でしょう。

習い始めて4ヶ月ですが、すでに高校の英語の授業のレベルを超えている気がします。文法はまだあまりわからないけど、ほとんどの構文は出てきています。最低限高校卒業レベルの教育を受け、英語の素養があることを前提にした授業だからそんなに簡単なものばかりやっていてもしょうがないのでしょうが、かなり本気でやらないとついていくのも大変です。

しかし、デンマーク語の授業を受けてみて、いかに日本の英語教育が機能していないかがよくわかりました。もちろん今受けている授業は第2、第3のヨーロッパの言語を習う人向けなのでレベルははるかに高いはずですが、他のコースでは全くヨーロッパ系の言語を知らない移民の人でもちゃんと読み書きができるようにまでなるのですから教え方の違いでこうも違うのかと思います。

そして今日は週末もあるからということでたっぷりと宿題をもらいました。おそらく数時間はかかる量です。授業では宿題の答えあわせを少しやって、それ以外の事を習うのでかなり内容は濃いです。これをドロップアウトすることなく続けていけばそれは1年で相当上達するだろうなと思います。でもちゃんとついていくためには宿題以外にもさらに自習しないとつらそうです。とにかく頑張ります。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-05-22 06:34 | デンマーク語

Module2

今日からいよいよModule2の授業が始まりました。新しい先生は40歳前後の女の先生。クラスメイトはModule1のときのクラスメイト数人+前からこのModuleにいる人数人。ただ彼らの何人かは来月にでも次のModuleへ進むテストを受けるようなのでまた入れ代わりがありそうです。

先生が変わったからかもしれませんが、デンマーク語比率が一気に増えた気がします。今までは大体1対1。対訳という感じでデンマーク語で言った後にみんながわからなそうな顔をしたときは英語でも説明するというようでしたが、始まったばかりで新人はあまり質問しないのと、前からある程度やっている人がいるのでデンマーク語、英語の比率は8:2ぐらいになりました。徐々にデンマーク語はデンマーク語のまま理解できるようになってきてはいるけど、早かったり量が多いとまだまだついていけません。

しかも宿題も結構たっぷり。1,2時間で終わる量だとは思いますが、今まではほとんどなかったのと、中1日でやらないといけないのと、しかも明日は仕事の後に合気道の稽古もあるのでなかなか大変です。

でも最近はデンマーク語のテレビもかすかに理解できるようになってきたし、簡単な文章の読み書きもできるようになりつつあるので俄然興味も出てきました。昨日はドラゴンボールをデンマーク語で読んでみたけど、話はほとんど覚えているし、そもそも難しい言葉はあまり出てこないので辞書無しでもほとんど理解できる感じでした。

仕事もデンマーク語もますます忙しくなりそうな雰囲気ですが、まあ頑張ります。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-05-20 06:50 | デンマーク語

Hvad siger du?

今日の昼飯の話題で、デンマーク人はHvad siger du?とよく言うという話になりました。今日はグループにデンマーク人がいない日なので、こういう日はみんな結構デンマーク、デンマーク人のダメなところを話したりします。

同僚のドイツ人は周りであまりにも頻繁にHvad siger du?、Hvad siger du?といっているので、こいつらは自分の国の言葉でコミュニケーションがとれないんじゃないかと思ったそうです。さらに元同僚のデンマーク語を話せないスペイン人はみんなが頻繁に言っているから、Hvad siger du?はHow are you?の意味だと思っていたという笑い話まで出てきました。

大体想像つくと思いますが、Hvad siger du?は「何て言ったの?」という意味です。確かにこれはよく耳にします。街を歩いていて、電話をしている人はしょっちゅう言っているし(もっと短くHvad?だったりします)、普通に隣で話している人同士でもHvad siger du?といっているのをよく耳にします。街を歩いていれば必ず耳にするといってもいいぐらいかもしれません。

日本から持ってきたデンマーク語教本にも初めの方にのっていていますが、習い初めでわからないから聞き返すのに重要だからというより、本当に頻繁に使う言葉だということなのでしょう。ちなみに発音は「ヴァシーァドゥ」。デンマーク語はスペルより発音がかなり短くなっている上、フランス語ほどではないまでもリエゾンするので非常に聞き取りにくい言葉だと思います。だからネイティブ同士でもしょっちゅう聞き返すんでしょうし、話し声のボリュームも大きめなのでしょう。レストランとかに行ってもデンマーク人が沢山いると騒々しいし、普段の昼飯時の会話も隣のデンマーク人だけのグループの会話にかき消されそうになるぐらいですから。自分もまだまだ聞き取れないので、次のモジュールの授業ではHvad siger du?を連発しそうです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-05-17 03:15 | デンマーク語

Module 2が始まらない

先週月曜日にデンマーク語のModule 1のテストを受けて、無事合格し、次のModuleに進めることになったのですが、なかなか授業が始まりません。テストに関しては受験した9人全員が合格となりましたが、かなり甘い採点だと思います。自分を含め一番最初の授業からほとんど休むことなく参加していたのが6人で、3ヶ月習っているのでまあ妥当なところですが、他の3人は大体1ヶ月ぐらいしてから入ってきた人たちで、授業も休みがちだったりして正直同じレベルだとは思えないのですが合格となりました。自分のことは棚に上げていいますが、結構基本的なところも怪しかったりするので本当に次のレベルに進んで大丈夫かなと思います。でも、次の授業が始まらないのは次のレベルのテストが長引いているからだそうで、次はもっと厳しくなるのかもしれません。

ということで先週の水曜と、月曜が休みだったので昨日は、先に進むわけではないので来ても来なくてもいいという感じだったのですが、家ではあまり勉強しないし、2週間も行かないと忘れそうなので出席してきました。

授業に来たのは全部で4,5人で、内容は今までの復習的なものと、新しい課題で半分ぐらいは自習の時間でした。でも辞書を引いてもよくわからないところはすぐに聞けるし、発音も教えてもらえるし家でやるよりはずっと効率的です。人数が少ないからいろいろ疑問に思ったことも聞けるし、自分が話す時間も増えるのでいい練習になります。

課題の中で友人に対してコペンハーゲンの観光プランについての手紙を書くというのがあったけど、3ヶ月もやっていると簡単な文章ぐらいなら書けるようになってきているのでわれながら結構上達してきていると思います。筋トレにしても3ヶ月続けると見た目にも変わってくるといわれていますが、おそらく3ヶ月続けるというのが何をやるにしても最初の区切りになると思います。ただまだ耳の方は慣れません。先生の質問もセンテンスを聞いて、単語ごとに区切ってみて、ようやく何ていったかわかるという感じなので、まだまだちゃんとした会話が成り立つというレベルではありません。語彙もないし、動詞、形容詞の活用もまだまだわかっていません。とにかくいろいろ聞いて、読んで慣れていくしかありません。

早く次の授業が始まってほしいとは思うけど、あんまり人が増えると効率が悪くなるし、デンマーク語を習っているのはデンマーク語でコミュニケーションがとれるようになりたいから。テストも大事だけれどそれはあくまで自分のレベルを確認する通過点に過ぎません。それにアジア系で特に話好きというわけではない男性はヨーロッパ系の言語を習う上で大きなハンデを負っているので基礎の部分をしっかり作っておく必要があります。さすがに来週には始まるとは思うけど、あせらずしっかりやっていきます。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-05-16 06:33 | デンマーク語

モジュールテスト

本日はデンマーク語の最初のモジュールテストを受けてきました。今習っているコースは一番上のコースで、6つのモジュールからなっていて、5つ目のモジュールまで終わるとPD3という試験を受けられるようになります。PD3は永住権申請に必須の資格となっています。さらに上のモジュールに進み大学に入れるようになる試験もありますが、これは必要ないのでこのPV3が語学学校で最終目標となります。で、今日は最初のモジュール1から2に進むために必要なテストがありました。

テストでは今までに授業で扱った本3冊のどれかの要約か、仕事、住んでいる地域の説明のどれか一つを話すのですが、住んでいる地域があたりました。本はものによって内容の濃さが違うし、長いのであたらなくてラッキーでした。一通り説明した後、試験官からいくつか質問されましたが、ちょっと想定外の事を聞かれたりして、語彙がないので適当な答えが出てきませんでした。その後は写真を一枚選んでもう一人の受験者と質問しあうというものでした。こちらは逆に写真がシンプルすぎて何を質問したら良いのか困る内容でした。写真の人は何をしているだとか、本が何冊あるかとか、机は何色かといった簡単な質問ばかりですが。

試験時間は2人一緒にやって15分ほど。どうやら大丈夫だったようです。いまいちはっきりしないけど。詳しい採点結果は水曜にもらえるようです。他のクラスメートもどうやら大丈夫のようでした。中にはパートナーに対して何でわかりにくい質問するんだと文句を言っている人もいましたが。

多分大丈夫なんだろうということで懸案事項が一つ減りました。まあ、でも基本的にはまだまだだなという事を思い知らされた感じです。それでもテストでもないとちゃんと復習しないだろうからしっかり勉強するいい機会ではあります。

それから今日はついにボスにデンマークで仕事を探したいといってみました(ボスにはまだ言ってなかった)。ちょっと驚いていたけど、何か探してみてくれるようです。しかし、契約をもう少し延長するにも仕事を探すにも、まずは論文を書くことだとのこと。そのために雇われているわけだし当然といえば当然です。まさにPublish or Perish。自分としてもそろそろいい結果を出してまとめたいと思っているので、テストも終わったし、しばらくは研究に専念します。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-05-06 07:33 | デンマーク語