デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー

<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Sterlingの倒産

Sterlingというのはデンマークのコペンハーゲン空港をハブ空港とする格安航空会社でした。それが昨日付けで倒産したというニュースを目にしました。もともとはデンマークの会社でしたが、アイスランドの会社に買収され、今回の金融危機で資金繰りが悪化したようです。

Sterlingといえばサービス悪い、しょっちゅう遅れるとあまり評判はよくなかったのですが、やはり安いのは魅力でした(といってもたまにSASのほうが安いときもある)。実際にはあまりSterlingが運行している路線は利用しなかったので乗った回数は数回で、幸い遅れたこともなかった(一緒に行く予定の人が乗り遅れたことはあった)のでそれほど悪い印象は持っていません。最後に使ったのは7月のPoland旅行のときでこのときも問題ありませんでした。

もう利用できる状況にないのであまり関係ないのですが、やはりデンマークがらみのこととなると注目してしまいます。そろそろユーロを導入するのかとか。今思えば日本に帰るタイミングとしてはかなりよかったのかもしれないと思います。寒くて暗い冬を経験しなくていいということだけでなく。まあでも日本は直接的な金融の影響は少ないとはいえ、輸出頼みの産業構造ではこれからますます厳しくなっていくのではないでしょうか。ヨーロッパ、アメリカが一段落したのに日本は...という状況になってもおかしくないかもしれません。首相はバラマキを明言したし。

そういえば今月中に国内のとある企業から何らかの返事をもらえることになっていたのですが、明日で月末です。どうなっているんだろう。まあただでさえ厳しい業界で、先日万有の研究所が閉鎖することになって研究者は労働市場にあふれることになるかもしれないので、ちょっと期待薄かもしれません。流動性の低い日本の労働市場では自分のようなちょっと他とは違う経歴を持っていると毛嫌いされるきらいがあります。そして自分からは何のアクションも取れない状況も非常にもどかしいです。今週末は3連休ですから海外の製薬、ケミカルメーカーをリサーチしてどんどん書類を送りますかね。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-10-30 22:45 | 世界のニュース

世界不思議発見Poland特集

近頃日本では世界遺産など海外の町(おもにヨーロッパ)を紹介する番組が結構あります。先日もCroatiaのSplitが紹介されていて、ここ行ったな、もう一回行きたいなという思いを起こさせました。

今日の世界不思議発見はPoland特集でした。Polandは7月に2週間もかけて周りましたから感慨深いです。もう本当にPolandに住んでも良いかもと思ったぐらい女の子がかわいかった。もちろんそれだけじゃなく町もきれいだし、自然もきれいだし、人々も気さくでいい人が多かったし、料理もデンマークよりおいしいし、日本に対して好意的であるという点もよかったところです。

番組はPolandの世界遺産を取り上げていてKrakówを除いて行っていない所でしたが、広いPolandですから全てを回りきるなんて無理です。それに旅の目的は観光はもちろんするけどできるだけ現地の生活になじむということだったので基本的には人が多くいる都市部をメインで周りました。一人で手ぶらで歩き回って、あまりにもなじんでいたからか、みんな英語があまり得意でないからか、店に行ってもポーランド語で話しかけられることがほとんどでした。

自分はスラブ系の娘が好みなのでPoland、Czech、Croatiaなんかは好きですが、それだけでなくこれらの国は西と東の境界にあって戦争による荒廃、共産主義による衰退から立ち直ろうとしているまだまだ発展の余地がある元気な国だということです。平均年齢も若く、可能性のある国といった印象があります。もちろん実際に住むとなったらまだまだ発展途上の国なので不満に思うことは山ほどあるでしょうがそれはそれで面白いかもしれません。それに生々しい戦争のあとを見れば生きることについて深く考えることになるでしょう。少なくとも観念的平和主義では何も解決しないし、危険なことだということは分かるのではないかと思います。

とりあえずよく現実をみて考えましょうということです。それもこれをやったらこうなるから良いんじゃないのという短絡的なものじゃなくて、こうしたらこうなってその結果ここがこうなるかもしれないし、あれはどうなるかもしれないし総合的に良いのか悪いのかを考えるのが大事だということです。日本のメディアは短絡的で間違った考えを垂れ流す傾向にあるのでみんな自分の頭で考えましょう、じゃないと日本はどうしようもなくなりそうで、自分には居心地が悪いですということです。

しかし、こういう番組を見るとヨーロッパが懐かしくてたまりません。まだ帰ってきて1ヶ月もたってないけど。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-10-26 00:24 | 日常
今週もようやく週末です。やっぱり通いは疲れますが、先週に比べたら疲労度もかなり減ってきたので早速慣れてきたのでしょうか。今週は水曜にコラボレートしているほかのベンチャーの人達と懇親会があったので帰りが遅くなり、木曜はかなりつらかったですが、金曜は7時過ぎまで働いていたけど意外と平気でした。

長い通勤時間も朝はほとんど座れないので英語、デンマーク語でニュース、ドキュメンタリーのポッドキャストを聞いて、帰りはほぼ座れるので寝る前に本を読むようにしてなるべく有効に活用しています。下宿するとこういう時間は意識してとらないといけないので、実家から電車通勤も疲れるけど、悪くはないかもしれないと思い始めています。

昨日はこの会社最初の給与明細ももらいました。15日締めなので今月は2日分でしたが、自給換算では悪くない額です。ただ額面はデンマークの半分以下で、手取りもデンマークで家賃、光熱費、ケーブルテレビ、インターネット代を差し引いた分と同程度ということになると、うーん。確かにデンマークの物価は高いけれど、外食ばかりしていたり、高級食材ばかり買っていなければそんなにものすごくかかるとは思えなかったな。まあ会社で安く、栄養価の高い昼飯が食べられ、飲み物代がタダだったから結構出費が抑えられていたというのもあるけど。これでも日本ではいいほうだという話です。奨学金の返済もあるし、下宿して家賃と3食分の食費がかかるようになるとさらに半減します。

まだ次の行き場所が決まっていないわけだし、まだまだ海外で働きたいという希望も強いわけですからその渡航費が必要かもしれないということで、しばらくは実家通いで貯金しておくことにしようかな。日本の不況もこれからますますひどくなるだろうからすぐに仕事が見つかるか、見つかってもその会社がもつかどうかもわからないから、ワールドワイドに探していきます。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-10-25 19:17 | 日常
日本に戻って当然会社は小さいし、そもそも大学内の部屋を間借りしているので当然デンマークのようなカンティーンはなく、学食なり、近くの弁当屋で昼飯を買うようにしています。最近は食品テロともいえるような汚染食品が出回っているので食べるものにもかなり気を使います。今日もカップヌードルから防虫剤が検出されたというニュースがあったし。基本的にはコンビニ弁当の類、安いチェーン店は敬遠しています。といっても生協や弁当屋の食材が絶対安全だという保証もないですが。まあそもそもそれほどうまいわけでもないし。日本の飯は味付けは良いんだけど、よく味わってみると野菜にしても肉にしてもなんか味気ないような気がします。大していいもの食っているわけではないですが、同じ値段ならデンマークの方が素材はよかったかな。鮮度は断然日本の方が良いんだろうけど。相応のものを食べようと思ったらデンマークほどではないにしろ日本でもちゃんと金を払えということでしょう。

で、これだけ汚染食品が蔓延しているにもかかわらずほとんど何も対策をしないのに政府はなぜかこんにゃくゼリーを徹底的に叩いたわけですが、ネットをみていると気になる話が見つかりました。その前にこちらをご覧ください。



元はこちらのサイトでみたものですがなかなか面白いので張っておきます。他にも同じようなことが書いてあるところがあります。まあ真偽のほうはわからないので各自で判断するということですが、個人的にはクロでみています。

日本に帰ってきてニュースを見ていると毎日悲観的なものばかり。実際急激な円高で経済の打撃はかなり大きそうだし、自分がデンマークから帰ってくるときに持ってきたユーロも大分額が目減りしてしまったので日本円には換えていません。メルクが万有の研究所を来年中に閉鎖するというニュースがでていたけど製薬業界にも影響が出てきているようです。不況には強い業種だけれど最近のモノが出ない状況で金融危機はかなりの痛手になったということでしょうか。うちはコネがないのでまず行くことはなかったけど日本で製薬業界の就職口がまた一つ減ったようです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-10-23 23:33 | 日本を考える
運動不足解消のためこちらでも近所を自転車で走り回ることにしました。千葉県は概して道が悪く、ドライバーのマナーもデンマーク並みにひどいのですが家の周りは田舎であまり車の往来が激しくないのと、近くに印旛沼があって沼の周囲にサイクリングロードがあるのでここを走るようにしています。

b0121425_18135768.jpg


家から一番近いサイクリングロードの入り口付近は何もない一直線の道が続いています。回りは田んぼだけ。人もほとんど通っていません。この辺りはかなり爽快に走ることができます。ただ基本的にこのサイクリングロードはあまり広くない道が一本だけで、対面走行しないといけないのであまり安全とはいえません。それにもう少し先に行くと結構歩行者もいるので注意が必要です。それでも自転車にあまりフレンドリーでない国の中ではましな方です。

およそ5kmほど進むと佐倉市のシンボルともいえるオランダ風車が見えてきます。

b0121425_18185513.jpg


春はチューリップが沢山植えられていますが、今の時期はコスモス畑になっていました。

b0121425_18194693.jpg


さらにこの近くにはこんな標識が立っています。

b0121425_18203766.jpg


そうこの道は有森裕子、高橋尚子の練習コースだったところです。というわけで自転車以外にジョギングをしている人もいます。ただここから先は本当に何もない道が6kmほど続いているので本気で走りたい人しかいません。

ちょっと先に行くと高橋尚子も通った道の案内が出ています。

b0121425_18231032.jpg


ここからしばらく行くと休憩所があってここで折り返しにしました。大体家から12kmぐらいのところです。家を出たのが遅かったので辺りは大分暗くなってきました。街灯がまったくないのもこのコースの欠点かもしれません。完全に日が落ちてしまったら真っ暗で田んぼに落ちそうだから走るのは危険です。ということで注意しながら走っていると前方でなにやらのそのそと動く物体を発見。近づいてみると動きを止め縮こまってしまいました。

b0121425_1826118.jpg


野生の亀と接近遭遇です。かなり警戒されています。こんなのが普通にいるぐらい田舎です。カミツキガメ注意の看板が出ているけどこれはそんな危険なヤツではないです。他の自転車にひかれると危ないので道の端っこによけておきました。

オランダ風車まで戻ってくると大分暗くなっていました。この辺ではここだけが唯一ライトアップされて明るくなっています。

b0121425_18302229.jpg


その後はもうほぼ真っ暗な道を通って帰ってきました。さすがに歩いている人はもうほとんどいませんでした。往復で約25kmほど走ったと思います。デンマークでは朝と晩で毎日合計16kmから20kmほど走っていたから、これに比べると週に一回25kmでは到底運動量としては足りないですが何もしないよりはましです。もう一つこのサイクリングロードの不満を言うと雑草が生い茂っていて虫がたくさん飛んでいるので走っていると顔にガンガン当たってきてかなり鬱陶しいです。おそらくこのサイクリングロードのベストシーズンは冬。雑草も枯れ、虫も活動をやめるころの昼前あたりが歩行者も少ないだろうから一番サイクリングには適していそうです。景色は春が一番良いだろうけど歩行者がかなり増えそう。夏は暑くて走れたもんじゃないと思います。とりあえず実家にいる間は週末天気がよければこの道を走るようにしようと思います。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-10-19 18:48 | 日常

1週間

仕事が始まって1週間がたちました。初めはなれないこともあって疲れてブログを更新する気力もありませんでした。仕事自体はここ7年ぐらいやり続けていることと大差ないので、何がどこにあるのかや機械の使い方を覚えるぐらいなのですぐになれそうです。ただ今週の生活が朝早く家を出て、電車に揺られて職場に行き、仕事をして、終わったら電車の中で寝ながら帰って、家に帰って飯食って寝るという典型的な日本のサラリーマン生活になってしまっているのがいただけないです。通勤自体は学部生のころは毎日通っていたからこれも慣れてくるだろうけど、このままだと本当に家と職場を往復するだけの生活になってしまいそうです。

デンマークではほぼ毎日仕事帰りには語学学校に行ったり、合気道に行ったり、誰かと飲みに行ったりしていましたが、通勤に時間がかかるいじょう早寝早起きしないと体がもたないのでそんな時間も取れません。通勤もデンマークでは自転車通勤で30分ほどと結構距離はありましたがいい運動になっていたのに対し、東京の混雑した電車では心身ともにすり減らすだけだという事を改めて実感しました。一応まとまった時間があるということで行きの電車内では英語(たまにデンマーク語)のポッドキャストを1時間ぐらいは聞いて少しは時間を有効に使うようにしてはいますが。それに終電があるから遅くまで飲んでいると乗り過ごしてしまいます(ました)。

金曜には職場関係で飲み会(同じ部屋にいる人のお別れ会)がありましたが、学生時代とは違うノリで、もちろん海外とも全く違うし、面白いけどなんか疲れる(特に一番年下だから)部分もあるのはそのうち慣れていくのかな。

半年という契約だから通勤も含め我慢するという選択肢もあるけどそれはらしくない気がするので、手始めに職場近辺に部屋を探すことにしようかな。帰ってきてから運動不足なので職場から5km圏内で自転車通勤できるところという条件で探します。仕事のほうは責任がある立場というわけではないけれど、できる限りの事を吸収して、残せるだけのものを残していきたいと思っています。その為には寝不足、運動不足を解消して最高のパフォーマンスを発揮する必要があります。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-10-19 12:41 | 日常

仕事開始

本日から勤務が始まりました。とはいっても今日は午前中は元の研究室の雑誌会に出て、午後はプロジェクトの内容についての説明を受けて、後はひたすら資料を読んで何をしているか頭に入れ、実際にどういうことをやっていけばいいかイメージしていくデスクワークだけでしたが。しかし、明日は早速朝から実験開始のはずです。

会社は小さな大学発ベンチャーです。いろいろと紆余曲折もあったような気がするけど最近は受託研究を行いつつ、大学などと基礎的な共同研究も行うというかなりオリジナルなカラーのある日本では珍しい化学系のベンチャー企業です。最近は活性物質の導出を目指す創薬ベンチャーとしてのカラーも出てきています。社員はほとんどが学生時代から知っている人で、場所も同じキャンパス、使う器具も機器も同じなので古巣に戻ってきたような感じですが、立場は全く違います。でも使い勝手は慣れ親しんだものの方が良いに決まっているので滑り出しがスムーズである事を願います。

今週は上司である先輩が忙しくてできなかった実験を代わりにやって、近々あるミーティングで今後自分がやっていく部分を確認して後はひたすら物を作り続けるということになるでしょう。なかなか面白そうな感じがします。

ただネックなのは家が遠いので通勤がつらいことです。朝6時半に家を出なければいけないのは結構きついです。電車も結構混んでいるし。やはり近くに部屋を探した方がよさそうな気がしますが、短期だと普通の賃貸は契約的にも初期投資も厳しいのでマンスリーかと思ったらかなり高いので、ゲストハウスかなんかでシェアでも良いかなと考えています。どんなに長くても数ヶ月だし、外国人がいればついでに英語の練習にもなって一石二鳥かもしれません。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-10-14 23:17 | 日常

頭かくして尻隠さず

日本に帰ってきて日本のテレビ、特に民法はものすごくくだらなくてつまらないのでもうほとんど見ていないです。デンマークのテレビも面白いとはいえなかったけどニュースが淡々と事実を述べるだけ(おそらくデンマーク人のフィルターはかかっているだろうけど)で、アナウンサー、タレントのいらないコメントがない分ましでした。それで代わりにインターネットでBBCのサイトを見ていると気になることが。

先週、日本でもニュース、ワイドショーで取り上げられた皇居のお堀に飛び込んだ外国人のニュースですが国内の報道では顔にぼかしが入っていました。でもBBCのサイトで今週の奇妙なニュースで取り上げられた映像ではなんのぼかしも入っていません(後半のナンバー2)

外国人だから配慮したということなのかよくわかりませんが、この人はイギリス人だそうでとうのイギリスのBBCが世界中に変なヤツだという感じで顔出しで配信しているのになぜ国内で隠しているのかよく理解できません。何事も事なかれ主義ということなのでしょうか。でも国内メディアでは真実が分からず、海外のメディアを見ないといけないというのでは中国とか北朝鮮の状況とあまり変わりないということになりかねないのではないかと思ってしまいます。

最近のこんにゃくゼリーの報道を見ても政治家とメディアが一体となって世論をミスリードしようとしているのではないかと思えます。子供が亡くなったのは不幸なことですが、そこから感情論に任せてゼリーの製造、販売を規制しようとする動きには寒気がします。こんにゃくゼリーのパッケージにもタバコと同じように「食べると死に至ることがあります」と書けということでしょうか。規制しようといっているのはこれを人気取りに使おうとしている政治屋と一部の人間だけだと信じたいですが、納豆で懲りずに最近ではバナナが品薄になる状況を見ると思考停止状態の人が多いのかもしれません。

政治、官僚機構と並んでメディアは日本のリスク要因かもしれません。でも新聞はもう役目を終えつつあるし、テレビも特に民法が低俗な番組しか作らなくなると見る価値もないので自滅していくのかなと思います。地デジも見る番組がなければ意味がないですし、本気でアナログ停波するのか分からないので、独り暮らしをしたらアナログの大画面テレビを安く買う方が良いかもしれません。ほとんどDVDのモニターとしてしか使わないだろうし、PC画面を出力できればネット配信の映像を見る用途に使って地上波は必要ないということになるかもしれません。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-10-12 14:51 | 日本を考える

隣のボス来日

金曜はCarlsbergで隣の研究室のボスであった先生が母校で講演会をするので聞きにいってきました。彼はJSPSプログラムで招聘され、3週間ほど日本各地で講演して回っていて最後に母校で講演することになっていました。自分が研究所を去る前にすでに日本に出発していたのでデンマークではお別れを言うことができませんでしたが、奇妙なことに日本で再会することになりました。

研究所では毎週化学系グループ(2研究室だけですが)のミーティングで少し話していたし、研究所内でも普段からよく会うのですが実際に研究の話をしっかり聞くのは初めてでした。研究所内は各グループが完全に独立しているので、あまり研究の話しをグループ間でするということはありませんでした。その辺がちょっと物足りない感じはしましたが、そういう雰囲気でした。

彼のグループは糖のグループなので自分のやってきた内容とはあまり関係してこないのですが内容は興味深いものでした。普段から話を聞きなれているから講演はとても聞きやすかったのですが、周りには睡眠中の人達が数多くいました。デンマークに限らず海外の講演会に行くと寝ている人はまず見かけない(日本人以外)のですが、もう少し頑張れといいたいです。まあ海外の場合、あまり興味がないと研究所内の講演会でもみんな来ないのでどちらがいいのかは分かりませんが。

講演のあとは過去に彼のグループにポスドクとしていったことのある先生たちにまぎれてディスカッションルームへ。その後は飲み会にも参加させてもらいました。酒が入るとこの先生が下ネタ全開なのは意外でした。研究所ではグループに女の人が多く、出産ラッシュで研究が進まないから「妊娠するな」ぐらいでしたが、デンマークではここまではいえないだろうなということも結構言っていました。ということで大いに笑わせてもらいました。

来年は自分のボスが学会に招待されているようなので日本で再会することになるかもしれません。他のメンバーとも国際学会なんかにいけば会う機会もあるかもしれないので適度にコンタクトはとり続けるようにしておこうと思います。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-10-11 20:35 | 日常

契約

今日は本社に行って契約書にサインしてきました。来週の火曜から正式に働くことになりました。お給料も結構しっかりもらえるので安心しました。しばらくは実家から通う予定で、交通費も出るので財布には余裕ができそうです。でも朝早い満員電車がつらいとなったら独り暮らしするだろうけど、短期間だとマンスリーぐらいしかなくて、結構高いので慎ましやかな生活を送るかもしれません。

事務手続きをした後はせっかく東京まで出てきたので八重洲ブックセンターで本を物色。日本に帰ってきて一番良いことは飯がうまいことと本屋の品揃えがいいこと。帰ってきて一週間もたっていないけどすでに10冊以上は買いました(マンガ除く)。デンマークには大規模な書店がないので英語の本ですらあまり手に入らず物足りなかったですから。今週は東京まで出かけることも多いし、テレビは民法があまりにもくだらなすぎてNHKニュース以外は全く見る気がしないので行き帰りの電車内や家にいるときに本を読む時間は結構あります。

さらに帰り際にようやく携帯電話も契約。あまり携帯にこだわりがないので日本にいたときも機種変更もしなかったからよく知らなかったけど、最近は大分高くなったんですね。もうインセンティブで釣ることもできなくなったから定価販売で分割払いという方針に変えたんですね。でもわざわざ高い金出してあまり必要のない機能が沢山ついた携帯を買う気もないし、デンマークで買ったNokiaのスマートフォンが3G対応なのでSIMカードだけの契約にしました。いちおうDocomoにしたけどたいして使う予定もないので一番安いプラン。それでも結構高い気がします。WiFi機能付の携帯なのでホットスポットさえあればIモードも必要ないです。まだ日本語対応させてないのでソフトをインストールしておかないと。

日本に帰ってきて数日たちすっかり元に戻ってしまった部分もあれば、全く新しい環境で働くことになるのでこれから変わっていく部分もあり、デンマークにいたときのまま変えたくない部分もあります。とりあえず半年ぐらいは日本で働くでしょうが、それ以降もずっと日本にいるかどうかよく考えていこうと思います。今のところデンマーク、ヨーロッパに戻りたいという気持ちが強いです。まあこれから寒く、暗くなっていくし、ヨーロッパの経済事情もかなり悪いから仕事もあるかどうか分からないですが。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-10-10 01:56 | 日常