デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

暗雲

以前、博士課程での結果がようやく解禁になりそうだということをかきましたが、どうもそこに暗雲が立ち込めてきました。具体的な内容はかけませんが、生物系との共同研究で、こちらが化合物を合成して、向こうが独自に開発したシステムで分析をするというもので非常に画期的な成果を出しました。十分Natureとか狙えそうなレベルです。合成したものも100%オリジナルというわけではないですが、ここまでやったのは初めてで、そもそもこれでいい結果が出せる保障はなかったものですから、合成だけ抜き出しても結構いい論文になりそうなものです。

しかし、化合物の構造は出せないということで自分が卒業後、ボスが大きな学会で成果を発表したときも一部を伏せて発表していました。それで2年がたったわけですが、最近どうも同じ技術を使い始めた研究室があるという話を聞きました。そしてつい先日そこの研究室がその内容を国内誌に発表しているという事実が判明。こちらが伏せていた構造も描かれていて、向こうがオリジナルですとでも言いそうな感じです。推測ですがボスの学会発表を聞いて感づいて向こうもやり始めたというのが時期的にも妥当です。生物系に詳しければ伏せていてもすぐわかりそうなものですから。

最終的な成果自体は共同研究先の技術がなければ到底再現できないですから、そこはゆるぎないものですが、そちらに重点を置いたものだけしか論文にならないと、こちらはただ化合物を提供しただけ、しかもそれは自分たちで考えて作ったものではなく、他のグループの結果を真似たということにされかねません。いい論文が1報でるとしても、自分が1年近く費やした結果がもしそういう評価になったとしたら非常に腹立たしいです。

むかしボスも大ボスが国際学会で発表した内容をその学会に出席していた競合する海外のグループに先に論文として発表されたという経験をしているようですが、それと同じような事態になりそうです。全体の結果としては絶対いいものが書ける点は違うけど、こちらの貢献度が過小評価されてしまえば実質同じです。この世界ではよくあることなんでしょうが、全く誰も思いつきそうもないアイデアでもない限り、結果が出たらすぐ発表しないといけないということです。それは企業がすぐに特許を出さないといけない、新製品はCMをしてシェアを伸ばしていかないと競合他社に負けるというのと同じようなものだと思います。研究室の運営にしてももっとビジネス感覚を持ってやっていかなければ生き残っていけないということだと思います。

ちなみに今回の件に関する研究はもうやっていないし、共同研究先が興味ある活性でないと分析してくれないので今後の研究に大きな支障は出ないと思われます。自分にとっても過去の結果ですから、いつまでもそれにしがみつく気もないですし、これから2,3年で新たな成果を出していくほうが断然重要です。今回の件は成果が出たらすぐにまとめて、論文、発表、場合によってはそれに先立って特許を出すことが非常に重要だといういい教訓になりました。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2009-05-24 16:11 | 日常

チャレンジャー

よく夕飯を食べに行く蕎麦屋のメニューにそばがきというものがあります。自分はなんとなく知っているけど食べたことはありませんでした。一緒に行く学生はそもそも聞いたこともない様子。行く度に妄想が膨らんでなんだかとんでもないものを想像しているようでした。気になってくると自分で試したくなるのが科学者のさが。もともと新たな味を探求するのも好きなので頼んでみることにしました。

注文した瞬間、店のおばちゃんから「大丈夫?」の一言。そんな危ないものなんですか?とにかく見てみないことには、ということでかまわず注文しました。

おそらくそば粉を練るだけの料理のはずだから簡単だと思うんだけど、注文する人がほぼいないためか出てくるのは一番遅くなりました。

そして出てきたものはお湯に浸された小判上のそばの塊。まあ大体想像通りです。一緒に来ていた学生もそんなものかといった程度の反応。味はそばそのもの。ちょっとやわらかくて、ずっしり腹にたまる感じがします。値段は他の料理と変わらないので塊が4つとボリュームも結構なものでした。まあ定食屋という感じの強い蕎麦屋なので本当にそばだけを売りにしている店のだったらもっと味わい深いかなと思います。それなりに腹は膨れるけど、普通のそばのほうがいいかなという感じ。おそらくここではもうたのまないでしょう。

そして帰り際、お会計のときにも「大丈夫だった?」と聞かれました。そんな心配だったら何でメニューに載せているのとこちらが聞きたくなります。しかし、これで新たに一品制しました。この調子でこの店のメニュー全制覇を目指したいところですが、数十あるメニューのうち研究室全員で注文したことあるものをあわせても、1割程度ではないかと思います。先はまだまだ長いです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2009-05-23 23:35 | 日常

2週間たちました

久々の更新です。まだネットが開通していないため今週は実家に帰ってきて更新しています。すでに着任して2週間がたちました。実際には連休があったので1週間フルにあったのは先週が初めてでした。しかし、いまだに職員証もメールアドレスももらっていません。おかげで自由に建物に出入りできないし、情報も伝わってこないので非常に不便です。保険証はもらえたので医者にはかかれるようになりました。昔ながらの紙製だったのがちょっとびっくり。

仕事のほうは今期は特に受け持つ授業もないだろうから研究室内のものがメインです。3部屋の各部屋ごとの週報と毎週の雑誌会もいままではやるほうだったのが、聞いて意見を言うほう(前からやってはいたけど)になりました。研究のほうは自分でやっているものが1つに、4年生に上の学年をとおしてやってもらっているのが2つです。どれも前からの引継ぎではなく、新しく立ち上げたものなので全部一から調べて計画を練ってなので大変ですが、かなり自由度は高くやらせてもらっています。でも1、2年で成果が求められる内容でもあるのでやっぱり大変です。4年生が慣れてきて、方針も固まればもう少し任せられるかと思います。ただ現在主力の分析装置であるNMRが使えない状態なのでなかなか厳しいです。後1ヶ月ちょっとで4年生は院試休みに入るし、後期は学生実験やら演習を受け持つことになると思うので前期の間にできるだけやっておかないと。

あと重要な仕事は予算申請。着任日にスタートアップを申請したけど、今後も科研費を初め出せるだけ出していかないと運転資金にも事欠くようになりそうです。今後は書き仕事もどんどん増えていくことでしょう。これで授業を受け持って、いろいろと雑務が増えてというようになるとスタッフは自分で実験しなくなる傾向になりますが、なるべく自分でできる時間を作るようにしたいです。

論文のほうはつい最近1報でたけど、学生時代の成果がそろそろ解禁になりそうなのでこれの準備もしておいたほうがよさそうです。生物系との共同研究だったので当事者も多く誰が書いたらいいのかというのは、内容の理解度も含めて問題ですが、自分が書くのがいいのかなと思います。おそらく今までうちの研究室からは出したことのないジャーナルを狙うので、書き方なんかもリサーチしておく必要があります。自分の研究テーマではすぐに結果は出ないし、学生時代のテーマを引き継いでいる人もいないので、しばらくはこちらの構想を練っておきます。

家のほうはだんだんと必要なものがそろいつつあります。平日は朝から夜遅くまで研究室にこもっていますが、電車通勤がなくなったので大分楽になりました。中学校が隣なので平日は毎朝チャイムがなり、土日も部活をやっているので規則正しい生活ができます。昼間家にいたらうるさいんだろうけど、基本的にいないので特に問題ないです。

ネット開通まではまだしばらくかかるので更新は滞りがちになりますが、今までとはまた違った視点から何か書いていこうと思います。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2009-05-17 22:32 | 日常
ニュースにちょっと気になる記事がありました。一応リンクを張っておきますが、すぐに見れなくなると思うので一部を引用。

博士号取得後に任期付き研究員(ポスドク)として大学や公的研究機関で働く人たちの民間企業への就職を増やそうと、文部科学省が、ポスドクを採用した企業へ1人につき500万円を支給する。国策としてポスドクを増やしながら受け皿不足が指摘される中、「持参金」で企業側の採用意欲を高める狙い。文科省が企業対象の事業を実施するのは珍しく、09年度補正予算案に5億円を計上した。


正直な感想を言うとまた文科省が焼け石に水の政策をだしてきたかと。好意的に見れば役所もやはり何とかしないといけないと思っているとも取れますが。

5億円で1人500万円ですから、100件分です。ポスドクは1万人以上いますから1%にもなりません。もちろん中には企業への就職を希望していない人もいるでしょうから単純計算はできませんが、それでもどれほどの効果があるのかは疑問です。

それに年間100件だったら普通に今までも採用されてきていると思います。そこにこれからは500万円あげますよといえば、普通に採ってきた企業にはさらにボーナス500万円となるだけで、新たな就職口ができるわけでもないと思います。今までポスドクを採ったことがない企業限定としたところで、お金を払ったところで今まで問題となってきたミスマッチが解消できるわけでもないしですし。富める者はますます富み的で、全体の底上げにはつながらない、いかにも役人的なお金の使い方のような気がします。

こう考えると文科省も考えていますよというアピールか未曾有の経済危機にかこつけて青天井の補正予算にとにかく何か出せということで出てきた案かと邪推したくなります。

自分自身つい最近までポスドクで、今も実質的にはポスドクと変わらない状況ですが、これからは新たなマスターなりドクターを生み出していく立場でもありますから今後ともこの問題には関心を持っていきます。とりあえず自分がやることとしては、ドクターの質を保証することが重要なので基本的にはドクターコースに進むことを勧めないことだと思っています。それでもリスクを承知で行きたいといい、なおかつできそうだと期待できる人ならば積極的に指導していくのが良いのではないかと思います。研究ができてもリスクを取れないのであれば行くべきではないと思います。少なくとも今の社会状況ではこれがベターだと思います。ポスドク1万人計画も希望すればドクターコースに誰でもいける様な全入状態が問題を大きくしたわけですから、供給側がまず適正な数に絞らなければなりません。そして社会からの需要が増えれば必要な分増やしていくということだと思います。ただ人口も減っていって、大学のポストも減り、教員も減り、大学自体も減っていくだろうとなると増えることはないかもしれませんが。

上の「持参金」にしても、どうせ使うんだったらもう少し有効に使える方法はないのかな。例えばこれを原資にインターンシップで訓練するとかはどうでしょうか。企業側が働きぶりを気に入って、余力があれば採用すればいいし、ダメでも一応企業で働いた経験は生きると思います。派遣社員と同じような気もしますが、そもそもポスドクも契約社員みたいなものですし、問題の根本は同じだと思います。どちらも日本の非流動的な労働市場と、それをよしとするもしくはしがみつくしかないという価値観に問題があると思います。日本も長期雇用が崩れてきましたから、正社員で終身雇用がハイリスクな生き方だという認識が広まれば労働市場ももっと流動的になり、従来の年功序列のテーブルから外れるドクター、ポスドクも受け入れられやすい状態になっていくんじゃないかと期待しています。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2009-05-06 21:48 | ポスドク問題

引越し

昨日引っ越しました。この半年ほどの間ですでに何度か目の引越しです。でも今は実家です。まだ家電もそろっていないし、ネットも通じていないので。実際に生活を始めるのは明日からです。

必要なものは大抵実家にあまっていたものなどを持ってきて、荷物も家の車で持ってきたのでかなり初期費用が削減できました。ダイニングキッチンには実家で昔使っていたテーブルをおき、人をよんでも食事ができそうです。食事はここで済ますようにして、居室では基本的に飲食しないので隣り合った部屋とはいえ、寝食は分離できます。

足りないものとして居室用のちゃぶ台、電子レンジ、炊飯器などは近くのハイパーマーケットで買ってきました。あと必要な家電は冷蔵庫と洗濯機ぐらいです。これらがないと完全に生活できるようになったとは言いがたいですが、あまり料理する時間もないし、洗濯はデンマークでは半年間ちょっと離れたコインランドリーまで行っていたことを考えると引越し当日にそろっている必要性はないです。まあすぐに買う予定ですが。

あとはベッドがほしいけど、居室はじゅうたん敷きでそのまま寝転べるのであまり高くない(値段も高さも)ものにします。ソファーとしても使えるウレタンフォームのものがいいかな。

ちなみにテレビはありません。実家にいてもほとんど見ないのであまり必要性はありません。見たい番組もないし、情報はネットで大体手に入れられます。ワンセグが映ればそれで十分かもしれません。でもDVDをノートPCの画面より大きい画面で見たいし、そのうちWiiもやりたいのでやっぱりあったほうが良いかな。まあそれぐらいだったら接続端子のあるPCモニターの方が便利だし、安くて、解像度も高くて良いかもしれません。アンテナも地デジ対応のものじゃないだろうし、PC用のアンテナ付地デジチューナーを買って、たまにPCモニターで見るほうが良いかな。やっぱりテレビはいらなそうです。

何はともあれネットの開通が最優先です。そして家電や必要な家具も今週中に注文して、来週中にはセットアップ完了としたいところです。一通りそろったらハウスウォーミングパーティーでもしますか。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2009-05-06 14:13 | 日常

新型インフルエンザ対策

就任2日目、今日は土曜日でしたが実験が終わってなかったので大学に行ってきました。これからも平日はほとんど時間が取れないだろうから土日に実験することになりそうです。

さて、新型インフルエンザが世界各地で広がるにつれ、大学側も予防策をとり始めました。今朝の日経に出ていたけど、東大などは海外から帰国後は10日間ほど体温チェックなどを義務付けるなど、多くの大学で対応策をとっているようです。自分の勤務する大学でも対策本部ができたようです。うちの大学の定める規定はというと、海外渡航の原則禁止、帰国後の10日間自宅待機ともっとも厳しいものです。

しかし、この情報は大学のホームページにあるもので教職員、学生は毎日チェックせよと書いてあるけど、はたしてどれだけの人が見ているだろうか。うちの研究室の学生は自分が言うまで誰も知らなかったみたいだし。通知が出たのが5月1日で、すでに海外に行っている人には間違いなく伝わっていないはずです。帰国して、まずホームページをチェックするなんてありえないので、普通に大学に出てきそうな気がします。そして海外の先生の招待公演なんかは特に制限されていないし、普段から近隣の住民がほぼ自由に出入りしているんじゃどれほどの効果があるのかは疑問です。

もしも本格的に流行したら大学も閉鎖されるのかな。今年は国際学会も少なくなるのかもしれません。まあ今のところ研究室にも自分にもお金も時間も結果もないのであまり影響はありません。それに世界規模のことだから状況はどこも同じかもしれません。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2009-05-02 21:00 | 日常

辞令

本日付で某大学というか母校の母研究室の助教となりました。これについても言いたいことはいろいろとあるのですが、それはひとまずおいておいて、これから業務としてやっていくであろう学部生の実験、演習、研究室の学生の指導はしっかりやっていこうと思います。自分の方針としては古い価値観にとらわれず、チャレンジしていく人を育てていきたいと思っています。

朝、辞令式があるということでスーツで行きましたが、工学系長から辞令を渡されるだけで終了。これ自体は1分程度で終わり、大量の事務手続き用の書類を渡されました。そして今日は科研費の若手スタートアップ(略して若スタらしい)の学内締め切りということでひたすら書き物の一日でした。今後も事務仕事のデスクワークに授業に忙しくなるだろうけど、さらに学生の指導をして、自分の実験もしないといけないとなると相当大変になるんだろうなと思います。

しかし事務に行くとかならず先生と呼ばれるのには違和感があります。別にあなたたちの先生じゃないし、大抵みんな自分より年上でしょう。まあこういうことなのかもしれないですが。そもそも先生と呼ばれたいとも思っていないので、基本的に先生と呼ばれるのはお断りします。

気になっていた給料は上がりました。300円だけ。まあ常勤だしその他手当てがいろいろつくのでしょうが、今年は税金もたんまり持っていかれるだろうから実質的にはダウンか。もともと期待はしていなかったので、基本給が下がらなかっただけよしとしておきます。とりあえず今度借りる部屋の家賃を払っても暮らしていけます。でも奨学金の返済もあるし、一人暮らしとはいえ余裕があるとはいえません。余裕はデンマークポスドク時代の半分から3分の1ぐらいです、きっと。

連休中に引越しして自分の実験も本格的に始めるのは連休が明けてからです。その間、保険証もないので病気や事故にあわないように気をつけないと。特に連休明けは新型インフルエンザに要注意かもしれません。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2009-05-02 02:21 | 日常