デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

猛暑

梅雨が明けて以来連日暑い日が続いています。こんな日は実験もデスクワークをするにも冷房は必須となってくるのですが、最近大学では毎日節電警報が鳴り響いています。これは大学の消費電力が規定値を超えると発令されるもので冷房を止めるなど節電を呼びかけるようになっています。一般家庭で言うブレーカーが落ちそうですよという警告のようなものです。大学ではさすがに消費量が契約量を超えたからといって電力をシャットダウンすることはできません(各部屋では定格を超えればブレーカーは落ちます)。そのかわり違約金を払わなければならないようです。それも研究費からまかなわれるわけでオーバーすればみんなが損するわけです。それはわかっています。でも朝10時過ぎから夕方まで30分おきに、警報が出て30分冷房を止めろとなるとちょっと。昼間は冷房を使うなってことですか。

研究室は建物の3階で一応最上階にあります。部屋は東側ですが、廊下は中庭に面しているので日中は常に直射日光が注ぎ込みます。そんなわけで廊下は温室状態です。トイレは空気がこもってさらにひどい状態。居室も実験室もドラフトの影響で陰圧になっているから廊下から熱い空気が常に流れ込みます。こんなところで冷房を止めたらあっという間に気温は急上昇。はっきり言って外よりも暑いです。5分もすれば室温は35度ぐらいになります。さらに建物のせいか湿度が異常に高いです。こんなジャングルのような条件で実験してたらまあうまくいきません。もちろんやる気も出ないし、禁水反応は非常に困難だし。湿度が高いのは今の建物に越してきてからずっとなのでもうあきらめるしかないですが、節電警報の発令は今年になって急増したような気がします。大学のスーパーコンピュータが新しくなったからか?しかも最近冷房が集中管理になったため警報が出ると冷房は強制的に停止されます。

夏はゆっくり休みもとりたいけど、雑用が少なくなる時期なので後期が始まり授業の準備に追われる前にまとめて実験しておきたいときですが、ちょっとこれでは無理です。全く生産性があがりません。まあ普段から何か生産しているのかはおいといて。今はテスト期間が始まろうというころでいつも以上に人が大学にいる時期ですからあと2週間はこの調子かと思うと憂鬱です。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2010-07-23 00:09 | 日常

長野旅行3

旅行最終日。長野旅行と書いておきながら今日は長野県内からは早々に退散しました。連休最終日ということもあって高速はかなりの渋滞が予想できるのでとっとと帰ろうと思ったからです。しかし、どこにも行かずにまっすぐ帰っても早すぎるので、とりあえず少し東京に近づけるように群馬でどこかに行くところを探しました。

とはいえ温泉はもう十分なのでどこに行こうかと考え、距離的にも帰り道を考えてもいけそうなぐんまフラワーパークへ行ってきました。佐久インターから高速で1時間半ほどで前橋までやってきました。途中の長野-群馬県境は荒々しく切り立った岩山が並んでいて壮観でした。

園内は結構広くいろいろな花が咲いていました。しかし、今日は物凄く暑い。日傘を貸し出していたけどそれでも防ぎきれないほどの強烈な日差しでした。

b0121425_22471978.jpg

b0121425_22481394.jpg

b0121425_22491689.jpg
b0121425_2250489.jpg

b0121425_22505173.jpg


一通り見てまわるだけで2時間ぐらいかかりました。暑くて速くは動けなかったのもありましたが。園内の木には夏の風物詩も沢山いました。

b0121425_22535961.jpg


昔は虫取り少年だったので懐かしいです。でも基本的に都会育ちなのでこういう風に木にいるカブトムシを実際に見るのは初めてでした。幼虫から育てたことはあるけど。コクワガタなら都内でも何匹か捕まえたことはあります。

結構ゆっくり見てまわったので帰路についたのは2時ごろでした。東京までは100kmちょっとなので多少混んでいても大丈夫だと思っていたけど、その間に10kmの渋滞が2回、5kmが1回あったので結構萎えました。一応完全に止まって動かないというわけではなくじわじわと進んでいたのですが、その分常にアクセルを調整しなければいけなかったので足が疲れました。関越が終わっても環八はいつものように混雑しています。関越がもっと延びていれば全員ここで下りる必要もないので混雑も緩和されるのに。環八、甲州街道、環七といかにも混みそうな道ばかり通って家まで帰ってきました。家に着いたのは6時過ぎ。結局前橋から4時間もかかりました。でももう少し出るのが遅かったらもっと時間がかかっただろうから、まあいいほうでしょう。レンタカーも8時までなので余裕を持って返すことができました。

ということで連休もあっという間に終了。研究室のセミナーも明日には終わるはずで、来週には専攻の行事的なものも終了なので夏休みという感じになります。8月は富士山に登ろうかと計画していますが、いまだ休みの日程が確定していません。8月もちょこちょことやらないといけないことがあるし、他のスタッフとは休みがなるべく重ならないようにしないといけないのでその辺の調整が必要です。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2010-07-21 23:06 | 旅行

長野旅行2

旅行2日目、本日は快晴です。遠くに乗鞍岳も見えます。

b0121425_23285613.jpg


今日はとりあえず松本へ行きます。岡谷から高速に乗り、ほんの20分ほどで到着です。実は松本は昔住んでいました。もう17,8年前だけど。オリンピック後に一度行って街が再開発されて道が大分変わっていました。今回はそれからさらに5年ほどたっています。土地勘はあるけど、自分で車でまわるのは初めてです。一方通行も多かったはずなので道を知らないと街中を走るのは結構難しいかもしれません。

インターを下りて少し進むと昔通っていた小学校の横を通りました。チラッとしか見ていないけど特に変わった感じはしません。前に来たときもあった学校の向かいのショッピングセンターが昔と一番違うところです。あまり通らないほうだったので昔何があったかは覚えていませんが。その後は昔住んでいた家の前をとおりすぐ近くにある通っていた中学校の前をとおり、高台にある城山公園へ行きました。ここは家から近かったので昔からたまに来ていたところで、中心部から近くて、タダで市内を一望できるいい場所です。

b0121425_23382457.jpg


その後は久しぶりに松本城を上りました。今日は非常に込み合っていて天守閣の中をまわるのに1時間以上かかりました。展示物をじっくり見るにはちょうどいいペースではありましたが、特に何もない下層ではただ待っているだけでした。渋滞の原因は60度もある急な階段です。特に最上階付近が急で段差も大きく、特に下るのが大変です。ここがボトルネックとなって全体が渋滞していました。

b0121425_23433723.jpg


松本をしばらく懐かしんだ後、今夜の宿がある佐久へと向かいました。再び松本インターから高速で向かいました。100kmほどなので1時間半ぐらいでつきましたが、まだ時間が早いので軽井沢方面まで足を伸ばすことにしました。軽井沢といえば最近ではアウトレットが有名ですが、最近物欲がなくなってきたのか特にほしいものがないのであまり興味が持てません。まあブランド物は昔から興味がないけど。常にコストパフォーマンス重視です。研究もその感じですが。ほしいものは常に自由と自由に過ごせる時間です。とまあ連休のせいもあって軽井沢中心部はかなり渋滞しています。しかし、特に中心部には用がなく浅間山のほうに行きたかったので中心部まで行く前に山道に入っていきました。時間はもう4時過ぎなので登っていく車は少ないけど、下りは何kmも渋滞していました。こりゃ帰りは大変だと思いつつも山を登っていきました。鬼押出しへ行こうか、白糸の滝にしようか迷ったけど行ったことのない滝を選びました。

b0121425_23523791.jpg


滝は思っていた以上に小さかったけど地層の隙間から帯状に水が流れ落ちる様子はちょっと不思議でした。街中は暑いけどここまで来ると大分涼しく、また水はひんやりとして気持ちよかったです。

帰りは道を戻ると大渋滞が予想されるのでそのまま有料道路を下って軽井沢駅方面へ下っていきました。こちらの道は他に車もおらずスムーズでした。軽井沢駅、アウトレット周辺は混んでいたけどこれはいつものことでしょう。その後ももと来た道ではなく裏道を通って佐久へと戻ってきました。

本日の宿は佐久平駅前の健康ランドに併設されているホテルです。温泉宿ならどこでもよかったけど軽井沢周辺は高い宿しかなかったのでアクセスも便利な佐久にしました。

温泉は普通の湯船、露天風呂のほかに、サウナが6種類とプール風呂などいくつかあって、熱い風呂に入った後はぬるめの風呂に入ったり、露天で頭を冷やしながらつかったりと1時間ぐらい温泉を堪能しました。さすがにこれだけ入っていると疲れました。運転時間も長かったし、いつもより早めの就寝としました。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2010-07-21 00:10 | 旅行

長野旅行1

連休を利用して長野に旅行に行ってきました。今回も車を借りてドライブです。

昼前に都内で車を借りて中央道をとおりいざ長野へ。まずは山手通りを通って初台から首都高、中央道と進んでいきます。しかし、普段、車は運転しないので都内の道はなかなか大変です。特に山手通りは全体的に工事中で狭く、曲がりくねっていたので走りにくかったけど、何とか高速に乗りました。首都高は車は多めだけれどスムーズに流れていました。しかし、中央道に入るとかなりの渋滞。大月まで2時間以上だと。一般道に下りても混んでいるだろうし、そもそも出口も渋滞しているのでそのまま進むことに。ゆっくりではあるけど進んではいるのでましだけれど、足が疲れました。とりあえず談合坂まで2時間ぐらいかかって行ってひとまず休憩。その後はスムーズでそのまま目的地までまっすぐ行きました。

初日の宿は上諏訪にある温泉宿。着いたのはすでに5時過ぎで、もう疲れたから今日は運転は終了。市内を散策しました。上諏訪の駅周辺まで行ったけど思ってた以上に店がなく、そのままメインストリートと思しき道を通っても土曜の夕方ということもあってかただでさえ少ない店がほとんど開いていません。湖方面まで歩を進めると別のホテルがいくつかあるところには少し店がありました。しかし、店よりも介護師つきのアパートが多いんじゃないかと思うほどでした。病院もかなり大きいのがありました。歩いていても見かけるのは年配の人か多い感じです。多少は小中学生も見かけたけど。まあこれが地方の現状なのかなというのを感じました。

b0121425_22563925.jpg


いろいろ歩き回ったけど、夕飯としてこれはというのがなくホテル周辺に戻ってくると実はホテルのすぐ近くが一番店が多かったという落ちでした。といっても数件夕飯が食べられそうな店とコンビニがあるだけですが。とりあえず夕飯を食べて後はホテルの温泉にゆったりとつかりました。普段はシャワーだけ鹿浴びれないけど、湯船につかるのがゆっくりできていいです。

ということで初日はドライブと温泉で終了。諏訪には前に御柱祭を見に来たから16年ぶりぐらいにきたのかな。そのころはあまり街にはいかなかったけど正直ここまで寂れた感じだったかなと思いました。まあ昔もバブル崩壊後の不況の真っ只中だったから大して違いはないのかもしれないけど。しかし、ここはオリンピックの影響もあまりなかったようで再開発はあまりされなかったようです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2010-07-19 23:11 | 旅行

参議院選

本日は参議院選挙ということで投票してきました。自分は住民票を移していないので投票は実家に帰ってやってきました。あまり争点の見えない選挙でしたが、選挙期間中は買い物しているときなどに菅首相、ちば景子、佐藤ゆかり、三原じゅん子候補を見かけたりしました。でもまあ基本的に自分の選挙区ではないのでチラッと見た程度ですが。

自分の選挙区については直前まで確認していませんでしたが、候補を見ると前回の衆院選で自分が投票したけれど残念ながら落選した候補が参議院で返り咲きを目指していました。さらにそのときは自民でしたがみんなの党に鞍替えしての立候補です。彼は一応世襲ではありますが、改革派で超党派で年金改革に取り組んでいたりと結構期待が持てそうだったので投票しました。今回も他の候補はよく知らないし、入れるとしても共産、社民、国民新党は自分とは価値観が正反対で、信者ではないので宗教系の党には入れる気はないし、自民も民主も若手には多少期待が持てるけど全体としては大差ない感じなので、みんなの党から出ているこの人に投票しました。開票が始まった当初はちょっと旗色が悪そうな感じでしたが、NHKで当確が出たので当選したのでしょう。参議院でもしっかり改革に努めてほしいと思います。

自分が一番政治に求めることはいかに世代間格差をなくしていくかということです。財政再建も待ったなしの今そこにある危機ですが、今のように世代間格差が拡大していくような情況では再建なんかできっこないと思います。消費税増税がどうとか言っていますが、これは世代間格差縮小には有効なようですが、他の部分を削らずに増税するだけだと、若い世代からの所得移転がますます進むだけになりそうです。そしてねずみ講と化した年金の改革。もう廃止して違う制度にしてもいいんじゃないかと思うぐらいです。そのためにも必要なのは雇用の流動化。終身雇用や年功序列の特権階級を撤廃していく必要があると思います。これは特にアカデミアでも必須だと思います。産官学でスムーズに人が異動していける状況が科学の発展にも経済の発展にも重要なことだと思います。他の業種でも流動化すれば、官僚が天下りに固執する必要もなくなるし、正規、非正規の格差もなくなるし、窓際族もなくなってメリットは大きいと思います。今回の選挙ではマニフェストに雇用の流動化を掲げる党が結構あったので国会全体でこの流れを議論していってもらいたいと思います。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2010-07-12 01:04 | 日本を考える