デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

明けましておめでとうございます。今年も年賀状は書かないので直接会う人には直接、それ以外でも親しい人は大概ブログ、ツイッターを見てくれていると思うのでこの場を借りて新年の挨拶をしたいと思います。

さてさて今年一年がどうなるのか。個人的には色々なことが起こる、起こしていかなければならない年なので不安はありつつもわくわくはしています。最も重要なのは次のポジションを見つけること。書類上は(契約書ではない。サインなんかしたものはないし)無期限の雇用ですが口約束で3年以内ということなので来年度中に見つけないといけません。期間の延長は基本的にはできません。するつもりもないですが。

自分が今一番興味を持っているところはシンガポールです。多くの外資系製薬企業がいまや日本をはなれ、シンガポールにアジアの拠点を築いています。化学系のメーカーも多そうだし、専門職にとってはかなり魅力的な国です。経済も一人当たりのGDPでは日本のはるか上にいますし、まだまだ発展していく可能性がある国だと思います。それに食事もよさそうだし。この前ハワイに行ってアメリカの食事は全く合わないと感じました。ヨーロッパも基本的には外で食べておいしいと感じることは少ないです。やはりタイとか韓国とか台湾などアジア圏が外で食べてもリーズナブルでおいしい食事がとれるところだと思います。1年や2年行くことを考えているわけではないので生活の要素はかなり重要です。シンガポール以外でも基本的にアジア圏で探したいなと思っています。オーストラリアなんかもいいかもとは思うけど。ただ残念ながら今回は特にコネがないので地道に正攻法で探していくしかなさそうです。

それで仕事を探す上でどういうものが自分に向いていそうかと考えるとこの分類では当然かもしれませんが1か2にあたるものかなと思います。基本的に新し物好きで好奇心旺盛ですが一通りこなせるようになると飽きてくる性格なので常に新しい刺激が必要となります。今の仕事ももちろん1,2の部分を含んではいますがボスがもう2年ほどで引退かつ微妙なポジションゆえ研究室をソフトランディングさせるための仕事の割合が多くなっている気がします。しかし自分はもう1年しかいないのでねえ。日本の経済も官房長官があと2年と言っているわけですし、来年度科学系の予算がアップしたといっても最後のあだ花になりそうな予感がします。となると自分にとっては自然に海外に目が向くわけです。ほかにも理由はいろいろあるけどね。辞め方としては2のbですかないやむしろcかな。あとはいつまで自分で手を動かしていくかという点も。有機化学は好きですし、学位もとっていますから当然この分野でいくつもりですが、自分の信念として職人になるつもりはないというのがあるので少し柔軟に考えていこうと思います。企業の規模にはこだわらないというかむしろ小さいほうがいろいろ経験できていいかなと思っています。ただそういう小さいけれどアクティブな企業を探すのはなかなか大変そうなのでいろいろ情報を集めていこうと思います。

ということで今年は普段の業務プラス次のポジション探しをしなければならないので忙しそうです。早いとこ決まることを祈っています。

b0121425_0501612.jpg

b0121425_0503382.jpg


近所ののどかな風景と今年最初の夕焼け
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2011-01-02 00:46 | 日常