デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

結婚しました。

突然ですが昨日9月9日に婚姻届を提出し、受理されました。お相手は以前から知っている人もいますが、タイ人の女性です。以前からタイに行ったときは彼女の実家にお世話になっていました。ということで国際結婚です。自分の手続きは基本的に終わりですが、彼女の方は大使館に色々提出する書類があるのでまだ手続きは終わっていません。新しく戸籍ができて住民票等に反映されるのは約2週間後ですから、パスポートなり免許なりの変更手続きや職場での手続きはそれまでできないので実際は自分もこの後色々と書類を書かなければなりません。

入籍だけ済ませたわけですが、式を挙げる予定は今のところありません。記念写真ぐらいは撮るかもしれません。理由は色々ありますが、一つには高い金払って芝居じみた式を挙げるのが好きじゃないというのもあります。それに日本であげるにしてもタイであげるにしても招待する人の偏りが大きくなってしまうことがあります。日本だと彼女の両親もビザの問題でいつでもこれるというわけではないですし、タイであげたら自分の知り合いはほとんど来れないですから。それにいろいろなグループの知人、友人を呼ぶことになるのでそれぞれのグループで話す時間は短くなるし、グループ間でそれほど交流があるわけでもないでしょう。それならばグループごとに食事会でもやって旧交を温める方がいいかなと思います。ということで時間を見つけて随時食事会を開いていきたいと思います。

ちなみに期限は来年3月までです。来年は再び海外へ進出する予定なので。もちらん現地へ来ていただいても結構ですが。今回はデンマークのときと違って期限を決めていません。もちろんビザとか受け入れ先の都合、そもそもそこが合うかどうか等色々問題はありますが。さらに別の国にいくなんてことも考えられます。そして最終的にはタイに移住したいなと考えています。これもお金と仕事によって時期は変わってきますが。これから準備を進めていこうと思います。

ということで結婚報告でした。より詳細に知りたい方は直接お尋ねください。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2011-09-10 23:28 | 日常

タイ旅行

いつのまにか9月になってしまいましたが、予定通り先週からタイに来ています。ここ1カ月ぐらいタイ語の勉強を始めたのでタイ文字のメインとなる子音はだいぶ分かるようになりました。後は母音と声調を覚えていけば一通り読めるようになると思います。今のところ単語力が全くないので会話なんかできるレベルではないですが、地図や商品の名前は少しわかるようになりました。昨日までチェンマイというか近郊のランプーンという町にいました。もう3回目で4月にも来たばかりなので、とくに観光するよりは地元のマーケットを回って日本では見られない食材を見たり、いろいろ食べてみたりするほうが楽しいです。ドリアンも毎日のように食べています。雨季で毎日豪雨になるのであんまり観光に適していない時期というのもあります。気温は東京と大して変わらないですが朝晩は比較的涼しく感じます。何より仕事をしなくていいのでストレスもなく特に何もしないのが一番リラックスできます。

日本では首相が交代したようですが、誰がなっても大して期待できないですが少なくとも民主党内ではまとまってもらわないとますます何も進まなくなりそうです。タイも先月政権交代があってタクシンの妹が首相になりました。ここ何年もタクシン派と反タクシン派の間で争いがありましたがいまのところ平静を保っています。

発展途上国に来ると感じるのは都市部の発展の様子というかその勢いです。4月と比べてもバンコクには変化があったように感じます。東京だとちょこちょことかわるぐらいで、もう発展し終わった感がありますがここではまだ新しいビルが建ち、BTSが延伸されていたりします。それと同時に貧富の格差の大きさも感じます。道端では物乞いがそこらじゅうにいるし、路地を入れば底辺レベルの生活をしている人たちがたくさんいます。BTSに乗れば運賃は数十円から数百円ですがそれを負担することを特に気にしないでいられる層の人たち(観光客含め)ばかりですが、バスは運賃が10円ほどで学生やあまり裕福でない相が主に利用しています。道は基本的に渋滞しているのでそれを避ける移動手段としてBTSやメトロができましたが、昔ながらの移動法としては運河やチャオプラヤ川を進む水上バスがあります。電車が通っていない王宮などのある旧市街へアクセスできるので結構重宝しますが、料金は端から端まで行っても50円もしません。これもものすごいボロ舟というかエンジンを付けた鉄枠にビニールのカバーをかけただけのようなものです。

それで今日はこの船を活用してワットプラケオとワットポーに行ってきました。最初に来た時は気付かなかったけど、タイ人は入場料がかからないということです。外国人はワットプラケオの場合は400バーツも払わなければなりません。まあこれもタンブンと考えて気前よく払っておきます。タイ人も入場料はかからなくてもお供え物や寄付でそれなりに払っていますから別段不公平と思うこともないです。

ワットポーではマッサージを受けたかったのですが行列ができていたので近くの店に行きました。ワットポーで習った人がやっているとうたっているけどそもそも本当なのか本当だとしても全員なのかわかりませんが、ワットポーの半額(とはいっても相場よりは少し高め)でやってくれます。タイマッサージは結構受けていますがたいていパワフルなおばちゃんがマッサージしてくれます。しっかりもみほぐしてもらってガチガチだった肩もかなりほぐれて肩こりが軽くなりました。その代りマッサージは結構痛かったですが。基本的に悪いところがなければ非常に気持ちいいんですが、どこかこっていたりしなければマッサージを受けようとは思わないでしょうからそれなりに痛いものです。でも終わった後はかなりリフレッシュした感じがします。暑い町中を歩いた後に1時間ほど冷房の利いたところで横になっていたからという部分もあるでしょうが。

ということであと2日居る予定ですが、基本買い物しておいしいタイ料理(旅行中は基本タイ料理しか食べない、というか日本でも毎日タイ料理だけど)を食べてマッサージを受けることがメインです。日本は台風が近づいているようで予定通り帰れるかはわからないですが。

b0121425_2243215.jpg
b0121425_224040.jpg

[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2011-09-01 02:27 | 旅行