デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

良いお年を

バイクの教習所を卒業してから久しぶりの更新となりました。最近は特にネタもなく日々普通の生活を送っています。免許は卒業後早速手に入れてきました。免許センターはガラガラで、更新ではなく並記でバイクの分を付け加えるということなので学科試験も、講習もなく10分程度で手続き終了でした。それでも免許は新しいのが交付されるので出来上がるまで30分ぐらい待ちましたが、色もゴールドのまま半年前に更新したばかりなので後4年半は有効です。しかし、まだ一回も乗っていません。年明け早々にレンタルで乗ってみる予定です。

さて今年最後の更新なので今年1年を振り返ってみます。ブログがあるので一年も簡単に振り返れます。今年は世の中にも自分にもいつもとは違ういろいろなことがありました。個人的なことで言えば最も大きいのは結婚したことです。その後肺炎で始めて入院したり、バイクの免許を取ったりと初めてのことが幾つかありました。海外にもタイに2回、中国に1回行っていつもよりも多い年でした。もちろん全部自費だったので出費もある程度かかりましたが。

世の中的に一番大きな出来事はやはり地震です。個人的には水槽の水が溢れたりグラスが割れたりしただけでしたが、母方の実家は津波で流されてしまいました。幸い全員無事でしたが、震災前からもしばらく行っていないので実際どのような状態なのかは想像もつきません。まあ近くの場所はテレビでもしょっちゅう放映される建物の上にバスが流されてきたところですが。しかし、地震直後の混乱は東京にいても感じられました。交通機関は止まり、物流が滞り、更に買い占めが起き、計画停電に振り回され、都市機能は麻痺していました。

そして原発事故により日本中の大混乱が続いています。原発が爆発した映像はかなりショッキングでしたが、個人的には思ったより直接的な被害は少なかったと感じています。もちろん原発そのものは何十年もおそらく何も出来ない状況が続くのでしょうが、ごく近い周辺地域を除けば実際はほとんど問題がないのだと思います。しかし、科学的に良くても心理的にダメというのが多くの被害を生み出していると思います。もちろん少しの放射線も嫌というのは理解できなくも無いです。しかし、それは現実的ではないし、そもそも自然界は微量の放射線だらけだし、温泉に行けばいつもよりはるかに高い線量にさらされていますし、何十年か前は大気中で核実験が行われて世界中に放射性物質は今より多い量がばらまかれていたはずです。ある程度増えたところで問題なく生きて行けるように人間の体はできているはずです。なので個人的にはほとんど気にせずに生活しています。少なくとも東京では放射線より排ガスや周りのタバコの煙や飲み会で飲み過ぎる事のほうがはるかに健康に害を与えるし、より長い期間影響を与えることになりがちだと思います。そして短期間に大量に被曝しない限り、成人は子供に比べれば細胞分裂も活発じゃないのでそもそも影響が出にくいですし。

その他にもアラブ地域で革命が起こったり、ヨーロッパが金融危機になったり、金正日が死んだりと世界史に残る出来事が多い1年だったと思います。ユーロ安は自分のユーロタンス預金が目減りしてしまったので個人的には良くないですが、円が暴落するよりはましかな。来年海外に移住してからなら個人的には得ですが。北朝鮮で突然の交代劇があり、来年は中国も台湾も韓国もトップの交代が予想されアジア情勢にも変化がありそうです。まあ日本にはあまりポジティブな変化は期待できそうにないですが。来年は日本だけではなくアジア圏全体を見て生活していくことになると思うので色々な面から情報を集めて判断していこうと思います。

ということで波乱万丈の1年も残すところ後数時間となりました。皆様良いお年を。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2011-12-31 18:38 | 日常
本日はいよいよ卒業検定。予約でいっぱいだったのでみきわめから1週間もたってしまいました。10時半集合でいろいろ説明を受けた後で検定開始。検定を受ける人は全部で10人以上いて、2グループに分かれてその中で自分は2番目でした。順番としてはちょうどいいです。1番だとさすがに嫌だけどさっさと終わりたいので。

ただ今日は他の教習生が多くて、場内にバイクが10台以上走っていました。しかも大抵第一段階なのでまだ走りがかなりぎこちないです。まあ自分も2ヶ月前は同じような感じでしたが。ただこうバイクが沢山いると停止する回数が増えて思い描いていたとおりのラインで行けない可能性があります。やっぱりスムーズに自分のタイミングで行けるときのほうがうまくできるので、不用意に止まらないといけないことになるとリズムが崩れてしまいそうです。

基本的に倒れたり、パイロンに触れたり、通常の交通ルールを破らなければ一発終了にはならないし、70点合格なので完璧を目指して慎重になりすぎるより、多少の減点は気にせず行くのがよさそうです。確認は大げさなぐらいしっかりとやりました。危なかったところとして急制動でいつもより停止距離が長くなったけど限界ラインよりは前で止まれました。スラロームはパイロンに触れたら失格なのでそれよりはタイムオーバーで減点されたほうがましなのでちょっとゆっくり慎重に行きました。後は右折のタイミングがちょっと微妙なところが合って減点されていました。しかし最終的に結果は合格でした。

教習開始から2ヶ月。ようやく卒業となりました。卒業検定はみきわめより出来、不出来はあまり問われませんが、一回しかやらないし慣らし運転もせずにいきなり開始で、ダメだったらまた1,2週間後で1万円の出費もあるとかなり精神的にはつらいです。まああまり納得の行く出来ではなかったけれど何はともあれ合格で卒業できたから良しとしましょう。しかし、もう教習所にこないので早く免許を取らないとバイクに乗ることが出来ません。免許センターは平日しかやっていないのでなかなかチャンスがなさそうです。早めに取って年内に一回でもレンタルバイクで練習しておきたいところです。そして今夜はお祝いにカニ鍋にしました。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2011-12-12 00:19 | 日常
本日は規定で行けば最後の技能教習。まずは午前中にシミュレーター+学科をうけました。シミュレーターは危険予測と言うことで、事故のおきそうな状況を経験すると言うものでした。自分は2番目でしたが、基本どの車も人も自転車も疑ってかかって近づいたときには徐行するようにしたので無事故で最後までいくことができました。他の2人はどちらも一回ぶつかっていました。大体前回のシミュレーターでも危ないと思ったことやもう10年前ですが4輪のシミュレーターで自分がぶつかったときと同じシチュエーションだったりで慎重にやることで無難にやりすごすことができました。今回は2時間つづけて学科も込みと言うことだったので全員の運転で危なそうだったところを振り返りながらどこに注意するべきかの講義と言った感じでした。最後に二人乗りについてのビデオを見て終了。まあ自分が乗っても怖かったのであまり2人乗り使用とは思いませんが。

午後はいよいよ最後の技能教習、みきわめです。午前中は雨でしたが午後には晴れてきてました。路面はそこらじゅう水溜りだらけでしたが。最初に自分が苦手とする課題を10分ぐらい集中して練習してから規定のコースを回りました。ぬれた路面での急制動は初めてでしたが、今日は3回やって問題なくクリアできました。途中でコースを忘れてショートカットしてしまったところもありますが、要所要所のポイントは押さえて走れました。もちろんこけることもパイロンに接触することもなく。第1段階では何度も引っかかったクランクも久しぶりにやったけどかなり余裕を持ってやれるようになって我ながらうまくなったと思えました。ということで無事にみきわめ合格となりました。残すところはあと卒論のみ。受かればもう教習所に来ることもなくなります。第1段階は結構時間がかかったけど第2段階はあっという間でした。やっとここまできたと言う気もすればもう終わってしまうのかと言う少し名残惜しい感じもあります。週末来ればバイクに乗れるということもなくなるので免許取ったらレンタルして練習しないと。

ということでようやく卒検ですが残念ながら来週の日曜日と1週間空くことになりました。コースを忘れずにいればたぶん大丈夫だと思うので1発で終わりにしたいです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2011-12-04 00:58 | 日常