デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中国の食その2

中国の危険な食、今回は個別の食材について紹介します。まあうまい店もあるにはあるんだろうが、特に接待で使われるような店だったらそれなりに安全なものを出しているとは思いたいが、確証はない。中国で飯を食うのはロシアンルーレットみたいなもんだといってもいいんじゃないだろうか。後は知らぬが仏か。でも将来的に影響が出るかもしれないが。


日本でも報道されている下水油、地溝油。自分で買うわけではないので実際にそれを食べたと確認することは出来ないけど、可能性としては大いにある。特に安い店であればかなり危ない。近所の結構高級なレストランの下水から実際に油をとっている光景を見たこともある。クリームというかマーガリンのようないわゆるスカムだったけど、汚いし臭い。これを下水油に再利用していたかはわからないけど、気持ちの悪いものだった。
会社のあったサイエンスパークの食堂も怪しいかもしれない。何しろそこで食事をすると必ず次の日は腹を下したので。仮に使っていなかったとしてもかなり安いので、食材は質が低く、野菜も十分洗浄されていなかった可能性はある。中華料理は基本的に大量の油を使うので、食材に残っている薬品、農薬が抽出されていたとも考えられる。野菜炒めなんか油に浸かって出てくるし、スープにも油が浮いている。とにかく質の悪い油が嫌と言うほど使われている。一度、結構高い店で食べたときも油ギトギトだったけど次の日は大丈夫だったので、食堂の食材、おそらく油が悪いのは間違いないと思われる。

牛乳
中国の粉ミルクといえばメラミン入りで有名。量を水増しするために入れているようだが、牛乳でも同じことが行われている。更には乳牛の餌にも使われていたという話もあるようで、中国の主要なメーカーのほとんどからメラミンが検出されて、更にはカビ毒や細菌、洗剤が見つかったことも。とまあ全く信用ならないものだが、牛乳がない生活も味気ない、カフェラテも飲めない。ということで我が家では日本のアサヒビールの合弁会社が作る牛乳のみ飲んでいた。一本300円近くする高級品ですがスーパーではこれだけ品切れ、品薄になっていることが多く、みな高くても安全なものを求めているのがよく分かる。これも中国産ではあるので日本のものと同じというわけではないでしょうが。

魚介類
魚は川も近海も中国に綺麗な水がほぼ存在しないことから安全なわけがないといえる。ただ海産のものは輸入品や遠洋で時には日本近くで違法操業などでとったものであれば、まあ大丈夫でしょう。有名な上海蟹も安全なんだろうか。そもそもザリガニみたいな雑食で生命力の強い生き物だし。まあ一度食べてみて、もう食べたいとは思わないけど。日本人の思っている蟹とは全く違うもの。においは蟹だが味がない。酢をつけて食べるけど、そうしないと味がしないからだろうか。蟹ミソは濃厚だがやはり塩気が足りない。何より小さい。毛蟹を2回り小さくした感じ。そのくせ高い。

肉類
肉は安全性もさることながら味がまずだめ。某日系チェーン店でハンバーグを頼んだところ今まで味わったことがない味がした。一口でこれはやばいんじゃないかという感じの味。腹が減っていたので食べてしまったが食べないほうがよかったかなと思うレベル。別のチェーン店でもやはり同じような味。もう根本的に肉がダメなんだなとよく分かった。中華料理だと調理と味付けでかなりごまかされているが、素材の味が分かるような調理はしてはいけない。
ここまで不味いと本当に大丈夫なんだろうかと思うが、やはりダメだろう。ついこの前、上海で1万頭以上の豚の死骸が流れ着いたというニュースがあったが、これも以前は市場に肉として流れていた病死豚が、引取る業者が摘発されたので捨てたのだろうという説が有力らしいし、自分も下水から油を再生するような連中がみすみす病死豚を捨てるはずがないと思っていた。上海でもかなり流通していた可能性が高いし、自分も知らずに食べていたかもしれない。そもそも睡眠薬やら成長ホルモンで無理やり成長させて、肉を食べるとドーピング検査で引っかかるほどの濃度で残留しているようなものが安全であるはずがない。鶏肉は今はインフルエンザで危険だが、肉に残るほどの大量の抗生物質を与えて育てていたりでこれも危険。

野菜
中国の野菜といえばチンゲン菜とかターサイとか品種としては美味しいし、面白いものが多い。ケールとか茎レタスなど茎の部分を主として食べるものも美味しかった。しかし、安全かと言われれば間違いなくノーだろう。とにかく農薬が大量に使われている。日本では使えないものもあるだろう。ということでこれを食べるにはとにかく農薬を落とさないといけない。洗剤で洗ったり、茹でたり、皮を厚めにむいたりして極力農薬を落とす。この手間をかけないと危険だろう。灰汁抜きのレベルではなく毒抜き。まず生では食べない。外国人向けの自社農園製の野菜を買っていたとはいえ用心は欠かせない。さらに中国では重金属汚染された地域が沢山あるのでそこで取れた野菜はもれなく重金属が含まれている。実際、カドミウム米なんていう恐ろしいものもあるみたいだし。有機野菜も危険だという説もある。化学肥料、農薬を使わずに育てても、そもそも水も空気も汚染されているし、育てている土地が重金属汚染されているかどうかは基準には含まれないから。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2013-05-10 01:16 | 日常

中国の食

中国生活で最も苦労したもの、それは食の安全性の問題です。もちろん行く前から毒入り餃子とかメラミン入り牛乳などの話は知っていたのですが、上海は日本人が何万人も住んでいるし、他の外国人も多い都市だから何とかなるだろうと思っていました。しかし、それは甘い認識だったといわざるを得ません。

まあ旅行で少し行く程度では行く店もガイドブックに載っている様な店が多いでしょうし、誰かに連れて行ってもらうような店であれば大方大丈夫、少なくとも健康に影響が出るほどではないと思います。自分も最初に見学に行ったとき、ビザの書類のためほぼ無意味な渡航をした際も、食事は旨くはないとは思いましたが、別に体調に影響を与えるものではありませんでした。

しかし、実際に会社に毎日行くようになってから思い知りました。会社のあるサイエンスパークではパーク内の食堂かコンビニしか食事の選択肢がありませんでした。初めは付き合いもあるし、旨くはないが安くていいと思って食堂で食べていましたが、1週間もすると体に異変が生じてきました。背中に異常な痛みを感じてまともに動けないぐらいだったので医者に行くことになりました。結石でも出来たのかと思うほどでしたが、診断結果は便秘。でも今まで便秘になったことなんてなかったし、その前日までも毎日出ていたので不思議でした。とりあえず下剤を2,3日分処方してもらって残りをすべて出し切って痛みはなくなりましたが、それ以降は逆に朝になると突然もようしてくることが多くなりました。下剤を飲んでいないのに、ほとんど同じように我慢できないぐらいの便意が寝起きや通勤バスで襲ってくることがしばしばでした。ただ、その当時は色々な所で食品を買ったり外で食べることもよくあったので原因は分かりませんでした。あまりにも疑うべきものが多すぎて。結局、1ヶ月以上経って外食が少なくなり食べる店も固定されてきて、買い物をする場所も固定されてきた頃に週末はあまり酷くないことから食堂の食事が怪しいと思い始め、試しにコンビニで弁当を食べるようにしたらパッタリと止まったのでした。恐らく油がよくなかったのではないかと思います。流石に下水油は使っていないと信じたいですが、質の悪い油がどの料理にもたっぷりと使われていたので。それ以降は数ヶ月昼飯はコンビニ弁当でした。はっきり言って不味いし、健康には良くなさそうでしたが忙しいのもあって止むを得ず買っていました。忙しさが一段落してからは帰国まで昼飯は家で弁当を作って持ってくるようにして、最終的に完全に3食自炊の生活をすることになりました。

その弁当を作るのも結構大変でした。冷凍食品は不味いし、安全性にはいっそう問題があるので食べたくない。日本で弁当を作っていたときにはスーパーの惣菜も使っていましたが、近くのスーパーの惣菜はやはり不味いし、買ってすぐに食べても食中毒になるものもあってとても使えない。野菜もしなびた野菜ばかり売っているし、どれだけ農薬まみれなのかも分からない、肉は売り場からして臭くて不衛生で色も悪いので買いたくない、魚はきれいな水がほぼ存在しない中国で特に淡水魚を食べるのはとてもリスキーです。ということで家の周りではまともに食べられるものを見つけるのは困難でした。野菜は見た目が新鮮なものは近くの八百屋や市場で買うことができましたが、これも安全とは思えない。最終的に食材はバスを乗り継いで片道1時間かかる輸入品を多く扱う外国人向けのスーパーCity Shopでほぼ全て調達するようになりました。日本で言えば成城石井みたいなものでしょうか。近くのスーパーに比べれば品質は格段に上です。値段もそれなりに高いです。まあそれでも日本やタイのスーパーに比べても大分落ちる気もしますが。野菜は自社農園で育てたものなのでそれほど大量に農薬を使ってはいないと思われます。しかし念には念を入れて葉物野菜は洗剤で洗い、皮を剥けるものは厚めに剥き、それ以外は湯でこぼしてから使っていました。肉は他のスーパーに比べればましですが、所詮は中国産で根本的に味も安全性も落ちるので少量だけ使い、かなりベジタリアンな食事が多くなりました。生鮮食品以外は基本的に輸入品を買い、年末年始にタイに行ったときや旧正月と3月に日本に帰った際に缶詰、ホットケーキミックスなどを買い込んで、極力チャイナフリーになるように気を付けていました。皮肉なことですが中国で生活するうえで大事なことは極力チャイナフリーにすることだと思います。実際、中国人の富裕層も中国製の食品は避けているので、外国で粉ミルクの買占めなどが起こるわけです。

このように身をもって知った中国食品の危険性、個別の食品について今後更に紹介していこうと思います。自分はもう中国産であることが明らかな食品は絶対に買わないです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2013-05-04 00:08 | 日常