デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:コペンハーゲン ( 7 ) タグの人気記事

Karneval08

昨日から始まりましたKarneval08。街の中心部から少し北西のところにあるFælledparkenがメインの会場となっています。天候にも恵まれ明日までの予報は晴れで、気温も25℃近くまで上がりちょっと暑いぐらいですが、絶好のカーニバル日和?です。

Fælledparkenでは特設のテントが作られその中でダンスが披露されています。街中にもあるホットドック屋台だけでなく、いろいろな出店、移動遊園地もあってさながら日本の縁日のようです。基本はテント内ですが行ったとき、たまたまちょっとしたパレードがありました。



世界中からダンサーが集まっているようですが、メインはデンマーク人のグループです。デンマーク人は北欧のラテン民族?といわれるぐらい、陽気で、お祭り好き、ダンス好きな感じがします。

そして今日は昼からStrøgetにおいてパレードがありました。Amagertorvから市庁舎前のRådhuspladsenまで2時間かけて多くのダンスグループがパレードしていきました。





いつにもまして人が多く、直射日光が照りつけてかなり暑い中でしたが、にぎやかで楽しいパレードでした。明日の最終日は21時からFælledparkenでパレードがあるようです。ちょうど日没ごろで少し暗くなり始める時間ですが、暑すぎずいい時間帯かもしれません。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-05-11 01:45 | 日常

Medicon Valley

明日はデンマーク語のテストですが、まあ最初のテストだし何とかなるだろうということで記事を更新します。別に落とすためのテストではないし。テストが終わったら今までやらなきゃと思っていた就職活動を本格的に始めようと思います。それで今注目しているのはデンマークのコペンハーゲン周辺地域とSweden南部のSkåne地方を含むØresund地域にあるライフサイエンスクラスターMedicon Valleyです。

そもそもデンマークは今いるCarlsberg Laboratoryに始まり、ライフサイエンス分野の研究は結構盛んで、国を挙げてその強みを生かしていこうとしているように感じます。産学連携も盛んで、さらに病院とも連携して効率的な研究開発を目指しているようです。Novoを初めとした大企業もあるけど、大学や企業からスピンオフした中小ベンチャーも多くあり、活発な人の流れ、お金の流れがありそうです。普段の仕事の様子からは想像もつかないけど。国としての選択と集中がうまく機能しているから一つ一つの企業は日本なんかに比べれば多分結構のんびりした感じなんだろうけど、全体としては活発な流れを生み出しているのかもしれません。

バイオテクノロジーを利用した製薬会社が中心ですが、合成化学者を必要としている企業も少なくない数であります。とりあえず会社の規模にこだわらず面白そうな仕事をしていそうな企業には片っ端からアプライしてみようかと思います。合成技術、経験は一般的なデンマーク人、ヨーロッパ人ポスドクより上だと思っているので数うちゃあたると信じています。うまく採用されたとして、その企業が仕事内容も給料も満足いくもので、まだまだ発展していきそうだったら長くいてもいいし、とりあえず2,3年働いて経験をつんで、さらにいい条件を求めて動いていくのもいいと思っています。一度パーマネントなコントラクトさえ得られれば後はいかようにもできると思います。ヨーロッパの流動的な雇用体制で生き残っていくというのは不安はあるものの、アクティブで魅力的でもあります。

さらに今年から日本とデンマークの間の科学技術研究協力も始まります。これは一昨年の11月にデンマーク首相が来日した際に提案したものですが、その際に首相が母校で講演をして特に協力関係を持ちたいといったようです。ということで自分ももしかすると微妙にからんでいく可能性も無きにしも非ずです。さらに

メディコン・バレーと日本の神戸のバイオテク・クラスターの提携が成立し、神戸から最初の「メディコン・バレー大使」がもう直ぐ正式に着任されます。メディコン・バレー側は、世界の多くの国からの大使の受入を考えていますが、日本からの大使はその第一号となります。


ということで、日本との連携はどんどん活発になっていきそうです。これがいい流れでお互いの競争力を高めて行ってくれればいいと思います。そして自分はゆくゆくはデンマークで日本との連携の橋渡しをできればいいと思っています。日本との連携で最大の障壁が言葉の問題でしょうから、化学、サイエンスがわかりデンマーク語も英語もできる日本人はかなり重宝するんじゃないかと思います。この辺は今後良い売り込み材料になりそうです。そのためにはデンマーク語はもちろん英語もレベルアップする必要がありますが。でも、考えただけでわくわくしてくるし、夢も膨らみます。とりあえず頑張ってみます。まずは明日のテストから。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-05-05 07:44 | サイエンス

Bymuseum

今日のデンマーク語の授業の一環としてKøbenhavns Bymuseum(コペンハーゲン市博物館)見学に行ってきました。小学校の社会科見学みたいな感じです。もうすぐ最初のモデュールが終わり、来月には最初のテストがありますが、その際にLokalområd(自分の住んでいる地域)について話す必要があるのでその参考として語学学校近くを見て周るという趣旨のようです。

前から1度行ってみたいと思っていたけどなかなか機会がないところでした。ここの博物館は建物前の広場に昔のコペンハーゲンの町のミニチュアがあります。これはしょっちゅう外から見ていましたが、いよいよ中に潜入です。

普段は午後4時までですが、水曜日は9時までやっているので授業時間を使っていくことができます。展示は町の成り立ちについて、町がどのように発展してきたか、人々の暮らしがどのように変化してきたかを模型、絵、写真、その当時の実際の道具や服などで示しています。自分は豪華な装飾品なんかを見せられるより、こういう昔の街の様子、一般の人々の暮らしぶりを知るほうが興味があるのでなかなか面白いところでした。

展示の中にデンマーク全体の地図があったので前々から気になっていたことを先生に聞いて見ました。地図を見るとJylland半島東側のAalborgから西側のフィヨルドまで半島が分断されているように見えます。ここにある水は真水なのか海水なのか前から疑問でした。もし海水だったら北側は半島ではなく島になるはずですから。

b0121425_7253764.jpg


先生が言うには議論はあるようですがすんでいる魚も海のものとは違うようなので一応川のようです。でもいったいどこまでが川でどこからが海なのかが非常にわかりにくいです。これもデンマークの土地があまりにも低いから問題となるんだと思います。Google MapsやEarthで衛星写真を見るとデンマークはスウェーデンやノルウェーとは明らかに色合いが違い低い土地だというのがよくわかります。ちなみに千葉県も県境が江戸川と利根川(後は海)ですが川底でも明らかに海より高いので島といわれることはないんだと思います。

残念ながら時間があまりなかったので全ての展示を見ることはできませんでしたが、もう一度今度はじっくりと見て周りたいと思います。次は金曜日かな。金曜日は無料で入れるので。

あすは人生初めての有給を取ります。そして金曜は祝日なので4連休です。せっかくなので久しぶりにというかほとんど始めて平日の街を観光客にまぎれて回ってみようと思います。でも仕事が思ったほど進んでいないので休みのどこかで少し仕事するかもしれません(休暇とる意味無し)。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-04-17 07:36 | 日常

お買い物

土曜日は唯一まともに買い物ができる日なので毎週街に出かけます。といっても最近それほど欲しい物もないのですが。服は少しずつ買い足していますが、別に高いものを買う気もないし、靴は先週買ったのでしばらくは必要なし。毎週のように買っているのはCDとDVDですね。ちなみにCDは自分の趣味であるメタル限定です。こっちに来てからすでに3,40枚は買ってます。DVDはレンタルがけっこう高いのとリリースから少したつと大幅に値引きされてレンタルとさして変わらない値段になるので基本的に買っています、というかレンタルはしたことがありません。今日は遅ればせながら"Flags of Our Fathers"と"Letters from Iwo Jima"を買いました。今"Flags of Our Fathers"を見ながらこの記事を書いています。撮影場所は去年冬に行ったIcelandの国際空港近くのようですね。草木もほとんどなく溶岩が冷え固まった黒い岩場が続くところで確かにあんな感じだったような気がします。監督はご存知Clint EastwoodですがIwo Jimaの方は最近の映画では当時の日本の状況をよく表していると評判なので楽しみです。

あとは本も買いました。大体は英語の本を買いますが、最近はデンマーク語の勉強のためデンマーク語の本も少し買うようになりました。今日買ったのは

b0121425_628487.jpg


Pragueのビールガイドです。ビールといえば日本では基本的に色の淡いPilsnerですが、これはCzechにある町の名前に由来しています。ちなみにこのPilsnerタイプのビールを造るのに使われる酵母はSaccharomyces carlsbergensisといい、現在自分が勤務するCarlsberg Laboratoryで初めて純粋培養に成功しました。ということでCzechはビールの国。Pragueにも多くのMicrobreweryがあるようなので4日間たっぷり飲み比べてこようと思います。そのためには2週間以内にこの本を読み終えねばなりませんが。


デンマークは基本的に物価が高いので大して高いものを買った覚えがなくてもいつの間にか結構な出費になっていたりしますが、最近は買い物より旅費の方が大きな出費になっています。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-04-13 06:48 | 日常

風強すぎ

今日は天気はまあまあなものの風が無茶苦茶強いです。風速は20m以上。南風だから寒くはないけど自転車が下り坂でも全く前に進めないほど。研究所までの道のりもいつもの3割増ぐらい時間がかかりました。まあ風が強いのは別に珍しいわけでもないですけど。これだから風力発電が成り立っているんだと思います。ただあんまり強すぎると風車が壊れることもあるようですが。

というわけで今日も休みだというのに会社に来ています。実は昨日も来てたりします。明日3週間もバカンスを楽しんでいたボスが帰ってきてしまうので、火曜の報告会に少しぐらいは進んでいるところを見せなければならないので。とはいってもそんなに仕事をするわけではないですが。週末も会社にはだいたい来ていますが、土曜は買い物帰りの休憩、日曜はほとんどサイクリングしに来ているようなものです。今日は流石に少しはやりますが、とりあえず散歩に行ってからにします。

もう少し気持ちに余裕ができるぐらい仕事が進んでくれると良いのですが、やってもなかなかうまく行かない、さらにやる気が低下するという悪循環に陥りつつあります。これからますます暖かく、日も長くなるのでますます仕事なんかやってられるかという状況になりかねないので何とかしないといけません。

サマータイムも始まり、暖かい日も増えてきたのでそろそろ自転車で遠出をするのにいい季節。去年はいろいろ行こうと思っていたけど結局Hillerødにしか行けませんでした。遠出するには朝早く起きて、天気もよく、風も強くないという条件がそろう必要がありますが、なかなかこれらすべてを満たす週末はありません。とりあえず前日飲み会でなければ早く起きることにして確率を高くする必要がありますな。今年は絶対Helsingørまでは行きます。Roskildeも行ってみようかな。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-03-30 22:38 | 日常

Winter came back.

昨日とは打って変わり今日は寒いです。朝は晴れていたのに今の天気は雪。最高気温2度。風速15mオーバー。そんなに降ってはいないけど時折吹雪のようになります。天気予報では今日1日中こんな感じらしい。

それにくらべてクロアチアは内陸にある首都Zagrebでさえ16度。アドリア海沿いはもっと暖かいみたいだし、天気もいいらしい。早く抜け出したい。あと二日の辛抱。そろそろガイドブック読まないと。


追記:夜に語学学校に行くころには完全に吹雪でした。道路にも雪が積もっているし、風が強くて前に進めないしでかなり大変でした。おそらくこの冬一番の大雪でしょう。とはいってもそれほど積もっていないし、道路の雪はもうほとんど残っていないですが。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-03-17 20:22 | 日常

散歩

今日は暖かな春の日差しの降り注ぐ穏やかな休日。こんな日は外に出ないともったいないということで市内の公園なんかを周ってきました。

はじめに行ったのはNørrebro地区にあるAssistens kirkegård。市内ではかなり広大な敷地面積を持つ場所です。しょっちゅう前は通るのですが今まで入ったことがないので行ってみました。kirkegårdというのは教会の領地といった意味ですが現在ではもっぱら墓地という意味で使われています。デンマークの哲学者キルケゴールも日本語にしたらお墓さんになってしまいます。

墓地と言っても木々や色々な花がたくさん植えられていて、ほとんど公園のようなたたずまいです。実際に家族ずれで散歩をしている人やジョギングをしている人たちがたくさんいます。ここの墓地はH. C. Andersenの墓があることでも有名です。

b0121425_322152.jpg


意外と地味な墓ですが基本的に他の墓も似たようなものです。フランスでは小さな家のような墓が並んでいたのとはかなり違います。ちなみにAndersenは実際はアンデルセンではなくアナスンという風に読みます。キルケゴールの墓もあるようですが見つけられなかったので断念。


その後、休憩のため一度研究所へ立ち寄りました。今日は特別にメインエントランスを大公開。

b0121425_3263366.jpg


バイオハザードの洋館のような雰囲気です。実際にバイオハザードマーク、毒物マーク、放射線マークはいたるところに見ることができますが。

こちらはCarlsbergのビジターセンター。

b0121425_3283979.jpg


月曜は休館。入場は3時までです。2人まで無料で連れて行けます。ご予約はお早めに。


会社裏の線路を渡るとVestre kirkegårdというこれまた広い墓地があります。Assistens kirkegårdの2倍以上の広さがあります。こちらも緑が豊かで散歩にはいい場所です。

b0121425_3323961.jpg



会社の近くにはさらにSøndermarkenという森があります。ここはかなり自然の森に近い感じで色々な小動物がたくさんいます。

b0121425_3382872.jpg


森を抜けると小さな教会があります。Jesuskirkenといいますが、Carlsbergの二代目社長、Carl Jacobsenが建てたものだそうです。会社周辺は住宅地になっていますが、もともとはCarlsbergのものでそれを切り売りして来たようです。

b0121425_3423535.jpg



日も傾いてきたのでそろそろ家の方向に向かっていきましたが、近所にも憩いの場所はたくさんあります。

このBispebjerg kirkegårdもかなり広いです。

b0121425_3445234.jpg


そして家の裏手にはUtterslev moseという広大な沼沢地があります。ここには年中多くの鳥が生息しています。

b0121425_3496100.jpg


ここもジョギング、散歩をしている人がたくさんいます。自分も遠出しない日はよくこの沼地周辺を散歩しています。

天気のいい日は遠くに行かなくても公園や森を散歩するだけで十分楽しめるのがデンマークのいいところですかね。まさにスローライフ。せかせかした日本には戻りたくないですな。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-03-17 03:57 | 日常