デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:研究所 ( 6 ) タグの人気記事

今日もコペンハーゲンは快晴、気温も25度近くまで上昇してちょっと暑いです。エアコンがないのでこれ以上上がると結構つらいです。まあ風は少し冷たいぐらいで常に吹いているので窓を開ければしのげますが、強すぎて書類が吹き飛ばされることがしょっちゅうあるのが困りものです。実験室は朝早い時間帯以外は日が差し込まないのでまだましな方です。

ついに夏が来たかと思わせる陽気が続いていますが、研究所内でも夏を感じさせる?ものが登場しました。研究所内にはおやつ用にフルーツバスケットが置いてあります。大抵はバナナ、リンゴ、洋梨、プラムが入っていて、好きに取っていって良いようになっていますが、今日はなんとその中にキュウリが加わっていました。小さなニンジンをおやつがわりに食べるのはデンマークではよくある光景で、冬の間はこのフルーツバスケットにニンジンも入っていましたが、まさかキュウリが出てくるとは。ニンジンは甘いから分からなくもないけど、どう見ても普通のキュウリです。デンマーク人にとってはキュウリもおやつなんでしょうか。よく分からん。試しに取ってみようかな。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-06-02 22:34 | 日常

Ny Medarbejder

今日から同じグループに同僚が一人増えました。新人はドイツ人のポスドク(男)です。多分30代前半ぐらいで、半年以上ぶりに比較的年の近い人がやってきました。それでもここにいる間はずっと自分がグループ最年少のままでしょうが。研究所全体でもおそらくドクターとしては最年少のはずです。

しかし、うちのボスに関してはいつものことですが、何の知らせもなく突然新人がやってきます。自分が来たときも誰も新人が来ることを知らなかったようですし、それ以降も2人が突然グループに加わることがありました。まあ、彼らは以前ここで働いていたことがあるので新人というわけでもないのですが。

今日も普通に実験していると秘書さんが新人ポスドクを連れて研究所を案内しながらやってきました。当然何も知らないので、どこかバイオのグループに新人が来たのかなと思っていたら、同じグループだそうで。1年半のグラントを得て来たようです。分野的には化学と生物の中間ぐらい。どっちもできるかもしれないし、どっちも中途半端かもしれない微妙なラインです。まあグラントとってくるぐらいだからきっとできるんでしょう。

まだ少ししか話していないのでどんな人かはよくわかりませんが、実験室も隣のようなので仲良くしていこうと思います。ちなみにデンマーク語はできないそうで仲間が増えたかと思いきや、Sweden語は勉強していたそうです。ボスもSweden語とドイツ語をミックスすればデンマーク語だと言ってたぐらい、どちらもそもそも似た言葉同士なので彼の方が上達は早そうです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-05-07 08:08 | 日常

今日はお休みですか?

昨日は祝日でお休み。明日は土曜日ということで、今日は飛石連休の中日です。予想通り会社には人がほとんどいません。会ったのは3人だけ。同じグループの同僚2人と、あと一人。当然全員外国人です。ただでさえ働かないデンマーク人はこんな日に来るはずがありません。でもほとんどの人は休みの告知をしていないような気がします。まあ、基本的に各プロジェクトは各個人でやるものなので、誰かが来ないから業務に支障が出るということがほとんどないからいいのですが。支障が出るとしたら秘書さん、カンティーンのおばちゃん、IT管理者が不在の時ぐらいです。

自分は来週の週報までに少し進めておきたいことがあるので来ていますが、カンティーンも休みなので飯も出ません(支障あり)。しかたなくスーパーで適当に買ってきました。半休にして昼飯食べてから来ればよかったかな。

ちなみに今週はPragueから帰ってきてから家でデンマーク語の勉強に専念してます。来週月曜に次のクラスへ進むための試験があるので。読み書きはなしですが、授業で扱った本3冊どれかの要約または、自分の仕事、住んでいる場所の紹介からランダムに一つ説明しなければいけないのでしっかり復習しておかないといけません。文法も語彙もまだまだ大したことないレベルですが、英検2級の面接試験よりは難しいような気がします。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-05-02 20:23 | 日常

Liverpool vs Chelsea

昨夜は研究所のイベントでLiverpool vs Chelseaの観戦会がありました。ビジターセンターのバーに特設スクリーンを設けて、みんなで大画面で観戦するというものでした。もちろんビールは飲み放題。しかも普通のビールではなく一本40kr(800円以上)するJacobsenシリーズが飲み放題。さらにタパスまでついて至れり尽くせりでした。

なんでLiverpool対ChelseaかというとCarlsbergはLiverpoolのスポンサーをやっているからです。ということで当然みんなでLiverpoolの応援をします。自分は普段サッカーはあまり見ないですが、みんなでわいわいやるのが好きなので参加しています。もちろんビールもタパスも目当てですが。他の参加者も大抵は同じ理由だと思います。ただ中にはユニホームを着て気合十分な人もいます。

ビールは一通り試したことがあるけど、あらためて何種類か飲んでみました。それぞれ特徴のあるビールで全部飲んでみたいのは山々ですがアルコール度数がどれも6、7%と高めなので飲みすぎに注意です。それでも4杯は飲みましたが。おかげで今でもまだ抜けきっていません。自分のお勧めはJacobsen Saaz Blondeです。ベルギービールタイプですが、香りもよく、味わい深いバランスの取れたビールです。

試合のほうは前半終了間際にLiverpoolが先制。そのままいくかと思いきや後半ロスタイムの本当に終了直前にLiverpoolのオウンゴールで同点。そのまま引き分けとなりました。まあサッカーはどちらかといえばおまけ的な感じだったのでさほど重要ではないです。イギリスのリーグだし。大事なのはみんなで集まっていろいろ話すことです。研究所での仕事は基本的に一人でやるものなので、普段から顔は合わせるけどほとんど話したことがない人が結構います。自分に限らず他の人たちも違うグループでさらにフロアや建物が違うとあまり話したことがないということが多いように思います。そういう人たちにとってこういうあまり大きすぎないイベントは交流を深めるいい機会になります。自分もお酒が入ることで英語も滑らかになりいつもより多めに話した気がします。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-04-23 14:46 | 日常

信頼を得るということ

最近同僚からよく実験に関してアドバイスを求められるようになりました。前はこの試薬を持っているかとか、何々はどこにあるか知っているかといった程度しか聞かれることはありませんでしたが、最近はこの反応の反応機構を教えてくれとか、こういうものを作りたいけど何かいい反応を知っているかとか。今日も非常に簡単な反応のはずなのに文献どおりやっても全く反応が進まないので何か案はないかと聞かれました。

聞いてきた同僚は自分より10年以上のキャリアのあるベテラン研究者ですが、自分でも知っていることなら助言ができて、向こうも何の気兼ねもなく助言を求めてくるのは外国で化学という分野だからでしょうか。そして英語力に不安のある自分に対して助言を求めてくるということはそれを差し引いても自分の化学に関するの経験、知識が認められたということだと思います。今週の報告会でドラスッティックに変えた合成ルートを見せたのがよかったのかな。まあ、化学の場合、化学式を見せれば多少英語が通じなくても誤解なく伝えられるというのもあるかもしれません。

ただ今日の内容はいかないはずがないし、改良の仕様もない単純な反応だったので困りました。同僚も絶対行くはずなのに何もできないのは何故か理解できないといったふうでした。すでに考えられる条件をほとんど試していたようでしたが、とりあえずいくつか考えられる方法を言って、信頼できそうな文献を渡しておきました。これでうまく行ってくれればいいのですが。

同僚から仕事で信頼を得られるというのはこちらで仕事を続けていく上でとても重要なことだと思います。特に今の同僚は自分以外は全員がベテラン研究者で、みんな他の会社なり研究所なりで仕事をした経験があるので知り合いも多いだろうし、また1,2年で他の会社に移っていくだろうから、自分が仕事を探す際に誰か紹介してもらえるかもしれないし、実力を保証してくれるかもしれないし、新しいプロジェクトを始めるときにスカウトされるということもあったりするかもしれないと期待してみたりします。

契約を延長してまだ10日しか経っていませんが、延長できたのが半年だけなのでそろそろ本気で動き出した方がいいかもしれません。CVぐらい出しておこうかなと思っているけどまだ何もしていません。ただ、今ボスが申請中の今年の冬からの予算にまだいるかわからないけどといいながらとりあえず自分の名前が入っているので、ボスとしてはまだいてもいいと思っているのかもしれません。そしたらもっとじっくりと次を探せるのでいいのですが。まあ、予算が通るかどうかはわかりませんが。でも、日本からそろそろこの先どうしたいのか決めろ、あまり長くいると戻ってくるのが難しくなるぞという連絡が来たので悩ましいところです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-04-11 08:46 | 日常

有給

研究所の秘書さんから4月中に5日間の有給を取れとの指令が出ました。デンマークでは移民1年目は有給が出ないのですが、うちの会社だけなのかどうかは分からないけど、雇用期間が9ヶ月を超えると5日間の有給を取れるようになるそうです。この有給の使い方としてflexdayという残業分の振替え休日の積み立て時間に充てるということもできるようですが、自分の場合常に40時間のマックスまで溜まった状態なのでこちらには使えません。そして有給の清算を4月末までにしなければいけないということなので4月中に強制的に休みを取らされることになります。

しかし、休めるといっても月、水はデンマーク語の授業があってどこにも行けないし、火曜は合気道教室、どちらも研究所近くなのでわざわざ休日に家から来るよりも仕事帰りに行った方が楽なんですね。ということで木、金を休みにして4月は週3日制にしようかなと考えています。4日休みがあればどこか行けるし安いチケットでも探してみます。Poland、Czechあたりから調べてみますかね。これだから金が貯まりません。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-04-01 00:19 | 日常