デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Prague3日目。もうほとんどの観光スポットは見て回ったので今日はゆっくり街を散歩。

前日見つけた塔も登れたので上から街を眺めてみました。

b0121425_1918434.jpg


旧市街広場に着いたのはちょうど12時直前。ここの天文時計は彫刻が時間になると動くようですが、正午には一番大きな動きが見られるようです。



午後はビールを飲んだり、デパートに入ってみたりしながら観光客の少なそうな場所で人間観察。実際にはこれが旅で一番面白いことだったりします。この日は日曜日ですがPragueではほとんどの店が空いています。デパートは夜9時までやっているし、レストランフロアは深夜1時まで空いているみたいです。デンマークでは平日でも店は5時、6時まで日曜はほとんど空いていないのと比べると大きな違いです。Czech人が働き者なのか、デンマーク人が働かなさ過ぎるのか。後者のような気がします。

夜は再びPrague Castleへといってみました。昼間とは打って変わりひっそりとしています。人もほとんどいません。でもちゃんと衛兵が警備しているので安全なはずです。

Vltava越しにライトアップされたPrague Castleが見えます。

b0121425_19405632.jpg


中に入ってみる大聖堂も昼間とはまた違った荘厳さを見せています。

b0121425_19415161.jpg


次の日の帰りの飛行機が午前中の便なのでホテルに戻っていつもより早めに就寝しました。


月曜日。飛行機は10時50分の便で、空港までホテルから約1時間なので8時前ぐらいにはチェックアウトしなければなりません。空港までは来たときと同じバスで行く予定でしたが、ホテル目の前のトラムがこのバスの始点まで行くことが判明。ほとんど歩く必要なく空港までいけそうです。しかし、空港行きのバスは超満員。ほとんどが観光客か空港勤務の人のようで途中で降りる人もほとんどおらず、最後まで満員でした。

飛行機は特にトラブルもなくコペンに定刻に到着。12時過ぎにはデンマークに戻ってきました。帰ってきたら空港でホットドックとビール。今週はお休みなので昼からビールを飲むことに抵抗がありません。飲んだビールはピルスナーでしたがこのタイプのビールはCzechのほうがおいしいかな。

お土産は陶製のビールジョッキ。これで飲むビールもなかなか乙なものです。

b0121425_19533168.jpg


Pragueは綺麗でした、街も女の子も。食事も悪くないし、ビールはおいしいし、そして値段もリーズナブル。北欧の街を周るより断然良いかもしれません。

さて、今週は基本的にお休みのゴールデンウィークですが、来週デンマーク語のテストがあるのでしっかり復習しないといけません。しばらく連休はないので次の旅行は語学学校が休みになる7月かな。Hungaryなんか行ってみたいけど、Greece、Turkeyなんかも興味あります。いっそのことEgypt、Tunisiaなどアフリカ進出もありかな。その前に今の仕事まとめて次の契約なり、仕事なりの見通しをつけろといわれそうですが。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-04-30 20:21 | 旅行
Prague2日目。この日は朝から天気は良好。ホテル目の前からトラムに乗り、早速街の中心へ行きました。旧市街地を抜けた後、今日は前日回れなかったPrague Castleへ向かいました。

Prague CastleへはVltava川にかかるCharles Bridge(Karlův most)を渡っていくのが王道コースです。橋の入り口には塔があり登れるようになっています。それほど高い塔ではないですが景色はよさそうなので登って見ました。

塔の上から橋のほうを見るとこんな感じです。

b0121425_822291.jpg


Vltavaの向こうにはPrague Castleが見えいい眺めです。そして橋の上にはすごい数の観光客がひしめいているのが見えます。そして後ろの方を見てみると、

b0121425_8245575.jpg


塔がたくさん見えます。さすが百塔の街といわれるだけのことはあります。

下におりて橋を渡っていきましたが、とにかく人が多くて渋滞しています。橋の上には絵描きや音楽を演奏する人たちがいてそこに人だかりができるのが原因のようです。橋のあちこちにはいろいろな彫刻があってそこで写真をとる人がいるのも原因の一つです。

b0121425_827369.jpg


Vltava(モルダウ)といえば思い出すのは小、中学校あたりで習った合唱曲「モルダウ」です。この曲の原曲の作者SmetanaはもちろんCzech出身です。もう一人有名な作曲家として「新世界より」で知られるDvořák(ドヴォルザーク)がいます。この名前の発音は相当難しいです。特にřは巻き舌にしながらジュという音を出すようでちょっとまねできないです。Czech語は習得が難しい言語のひとつといわれていますが、このほとんど発音不可能な音があることが原因の一つです。

橋を渡るとそこからはPrague Castleまで結構急な上り坂を1km近く歩きます。バスやトラムはないのでとにかく歩きます。メインエントランスまでたどり着くとまたしても人だかりができています。どうやら衛兵の交代式があったようです。ちょっとタイミングが遅かったのでほとんど終わるところでした。

城内もとにかく人が多いです。とりあえず入ってすぐのところにある街中からもよく見える最も目立つSt. Vitus Cathedral をパチリ。

b0121425_8345346.jpg


その裏手にはちょっと地味なSt. George's Basilicaがあります。こちらが城内で最も古い教会のようです。

b0121425_8372536.jpg


ちなみにこのPrague Castleが三十年戦争の契機になった場所のようです。その事件はなんともユニークというかなんと言うか。プロテスタントの迫害に怒った民衆が王の使者を窓から投げ落としたそうです。その名もプラハ窓外投擲事件。フス戦争のときも同じようなことがあったようで、どうもCzechでは抗議の手段として窓から人を投げ捨てるようです。

城内を一回りした後は再び旧市街をぶらぶらしました。昨日は見つからなかった別の塔もありました。

b0121425_915859.jpg


さらに歩き回ってNáměstí Republikyという広場までやってきました。ここには化学者にはちょっと気になる名前のデパートがあります。

b0121425_942471.jpg


広場にはまたしても別の塔が。とにかくそこらじゅうに尖塔があります。

b0121425_954026.jpg


この日の夕飯も伝統的なCzech料理とビール。悪くはないけどちょっと飽きてきました(早!)。旧市街の観光客だらけのレストランで食べましたが、こういうところでもウェイターの英語はデンマークに比べると流暢とはいいがたい感じです。そして一般の人はほとんど英語が通じないといってもいいレベルです。ごくごく簡単なことを聞いても通じなかったりします。この点ではCroatiaの方が英語はよく通じたので旅行しやすい国かもしれません。

この日も12時過ぎまで街をぶらついてましたが観光客が途絶えることはありませんでした。ほんと眠らない街です。

Prague旅行3に続く
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-04-30 09:19 | 旅行
先週の金曜から3泊4日でCzechの首都Pragueへ行ってきました。今回は一つの街にずっと滞在していたのでいつもより密度は低めの旅ですが、その分街の雰囲気をじっくり味わってこれました。

Czechに関しては行こうと思うまで、旧共産圏の国、昔はCzechoslovakiaだったのがいつの間にか分かれた、女の子がかわいいぐらいのことしか知りませんでしたが、いろいろ調べてみると歴史的にとても興味深い国であることがわかりました。共産主義からの脱却も興味深いですが、中世の時代からさまざまな歴史的な出来事の舞台でもありました。Pragueは神聖ローマ帝国の首都であり、プラハ大学学長でプロテスタント運動の先駆者であったJan Husが火刑に処されてフス戦争が始まったり、三十年戦争のきっかけを作ったりと高校の世界史で習ったいろいろな出来事の舞台であったようです。これらは記憶の片隅にはありましたが前後関係もどこで起きたのかもよくわからない、点と点でしたがそれが少し線でつながったような気がします。


コペンからPragueまでは飛行機で1時間半。着いたときは雨でしたが、ホテルで一休みしている間に雨は上がり、それ以降、滞在中雨は全く降りませんでした。ただ、このホテルに行くまでが一苦労。空港から街まではバス、メトロと乗り継いで行くのが一般的です。でもバスがいくつかあってどれに乗れば良いのかよくわかりません。Czech語は全くわからないし、地名も全然知らないのでどこ行きなのかさっぱりわかりません。とりあえず一番先に来たバスの運転手に街までいけるか聞いて大丈夫そうだったので乗ってみました。メトロも3路線走っていますが結果的にはホテルの近くまで行くメトロへ接続するバスでした。街中には他にトラムも走っていますがチケットは全て共通です。Pragueの街は坂が多いので移動にトラムは欠かせません。ということで帰るときまで使える72時間券を買いました。値段は330Kčですが、24時間券が100Kčと何故かプレミアがついています。でも、毎日買い換えるのも面倒だし、それほど高いわけではないので72時間券にしました。ちなみに3Kčが約1krで72時間券自体2000円ちょっとと結構安いと思います。

ホテルについたのが4時ごろでもう観光スポットは閉まり始める時間だったので初日は街をぶらぶらして、外から見るだけにしました。丸2日自由に使えるので詰め込む必要もないし。とりあえずCzechのビールでのどを潤しました。Czechは一人当たりのビール消費量世界一で、さらに一般的なラガービールの発祥の地としても知られています。造られているビールも色はさまざまですが基本的にはラガータイプ。自分はどちらかといえばベルギービールのような独特なビールの方が好きですが、Czechのビールもなかなかいけます。滞在中は昼、おやつ、夜、夜という感じで飲んでました。

Pragueの街並みはとても美しいものでした。ヨーロッパでもっとも美しい街とも言われるのも納得できます。さすが神聖ローマ帝国の首都であっただけのことはあります。雰囲気としては京都に近いかもしれません。実際に京都とは姉妹都市でもあるようです。大きな戦火に巻き込まれることもなかったので多様な建築様式が混在しています。また尖塔が多く百塔の街ともいわれています。

今の時期は新緑やライラックなどの花が咲き誇り、暑すぎず、寒すぎず、日は長いと観光にはもってこいの時期かもしれません。そのため街には観光客があふれていました。特に多いのがItalia人。Czech人より多く見かけたような気がします。他はドイツ人がいたり、少しデンマーク人のグループも見かけました。アジア系も中国、韓国人が日本人より多くいたような気がします。

それでは街の様子を少し。

まずは国立博物館。

b0121425_2053333.jpg


中には入りませんでしたが、立派な建物です。メインストリートの坂を上ったところに位置しています。

旧市街のメインはStaroměstské náměstíという旧市街広場です。ここには旧市庁舎の天文時計、

b0121425_20125487.jpg


その上にある時計台、

b0121425_20132654.jpg


旧市庁舎の向かいにはTýn Cathedral

b0121425_20144335.jpg


など見所が集まっています。そのため広場は多くの観光客が集まる場所となっています。そして広場にはJan Husの像が建てられています。

b0121425_20162765.jpg


旧市庁舎の裏にはバロック様式のSt. Nicholas Churchもあります。

b0121425_20173961.jpg


旧市街広場を抜けて少し進むとVltava(モルダウ)川までやってきました。川の向こう岸にはこれまた美しいPrague Castleを望むことができます。

b0121425_20205790.jpg


Prague Castleはもう閉まっている時間なのでこちらの観光は次に日にしてまた街中をぶらぶらしました。

夕飯は伝統的なCzech料理ともちろんビール。こちらもなかなかいけます。お値段も全部で300Kč程度とデンマークに比べれればはるかにリーズナブル。夕飯後も12時近くまで街をぶらぶらしていました。Pragueの治安はかなりいいです。もちろんスリやなんかはいるでしょうが、観光客も大勢夜中まで歩いているし、土産物屋も11時を過ぎても営業している店が結構ありました。眠らない街という感じがします。Pragueの人口も100万以上いるし、国の人口はデンマークの倍以上なのでそもそもコペンより歴史も規模もずっと大きい街なんですな。

Prague旅行2に続く
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-04-29 20:30 | 旅行