デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ポスドク1人採用で5百万円?

ニュースにちょっと気になる記事がありました。一応リンクを張っておきますが、すぐに見れなくなると思うので一部を引用。

博士号取得後に任期付き研究員(ポスドク)として大学や公的研究機関で働く人たちの民間企業への就職を増やそうと、文部科学省が、ポスドクを採用した企業へ1人につき500万円を支給する。国策としてポスドクを増やしながら受け皿不足が指摘される中、「持参金」で企業側の採用意欲を高める狙い。文科省が企業対象の事業を実施するのは珍しく、09年度補正予算案に5億円を計上した。


正直な感想を言うとまた文科省が焼け石に水の政策をだしてきたかと。好意的に見れば役所もやはり何とかしないといけないと思っているとも取れますが。

5億円で1人500万円ですから、100件分です。ポスドクは1万人以上いますから1%にもなりません。もちろん中には企業への就職を希望していない人もいるでしょうから単純計算はできませんが、それでもどれほどの効果があるのかは疑問です。

それに年間100件だったら普通に今までも採用されてきていると思います。そこにこれからは500万円あげますよといえば、普通に採ってきた企業にはさらにボーナス500万円となるだけで、新たな就職口ができるわけでもないと思います。今までポスドクを採ったことがない企業限定としたところで、お金を払ったところで今まで問題となってきたミスマッチが解消できるわけでもないしですし。富める者はますます富み的で、全体の底上げにはつながらない、いかにも役人的なお金の使い方のような気がします。

こう考えると文科省も考えていますよというアピールか未曾有の経済危機にかこつけて青天井の補正予算にとにかく何か出せということで出てきた案かと邪推したくなります。

自分自身つい最近までポスドクで、今も実質的にはポスドクと変わらない状況ですが、これからは新たなマスターなりドクターを生み出していく立場でもありますから今後ともこの問題には関心を持っていきます。とりあえず自分がやることとしては、ドクターの質を保証することが重要なので基本的にはドクターコースに進むことを勧めないことだと思っています。それでもリスクを承知で行きたいといい、なおかつできそうだと期待できる人ならば積極的に指導していくのが良いのではないかと思います。研究ができてもリスクを取れないのであれば行くべきではないと思います。少なくとも今の社会状況ではこれがベターだと思います。ポスドク1万人計画も希望すればドクターコースに誰でもいける様な全入状態が問題を大きくしたわけですから、供給側がまず適正な数に絞らなければなりません。そして社会からの需要が増えれば必要な分増やしていくということだと思います。ただ人口も減っていって、大学のポストも減り、教員も減り、大学自体も減っていくだろうとなると増えることはないかもしれませんが。

上の「持参金」にしても、どうせ使うんだったらもう少し有効に使える方法はないのかな。例えばこれを原資にインターンシップで訓練するとかはどうでしょうか。企業側が働きぶりを気に入って、余力があれば採用すればいいし、ダメでも一応企業で働いた経験は生きると思います。派遣社員と同じような気もしますが、そもそもポスドクも契約社員みたいなものですし、問題の根本は同じだと思います。どちらも日本の非流動的な労働市場と、それをよしとするもしくはしがみつくしかないという価値観に問題があると思います。日本も長期雇用が崩れてきましたから、正社員で終身雇用がハイリスクな生き方だという認識が広まれば労働市場ももっと流動的になり、従来の年功序列のテーブルから外れるドクター、ポスドクも受け入れられやすい状態になっていくんじゃないかと期待しています。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2009-05-06 21:48 | ポスドク問題