人気ブログランキング |

デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

キッチンハイターは天然物

気になるニュースがあったのでちょっと。リンクはそのうち消えてしまうでしょうから一部引用。

2005年に開発されたパーフェクトペリオは、人体への影響を最小限に抑えつつ、虫歯菌や歯周病菌を溶菌する口腔機能水。白血球と同じ殺菌成分である「次亜塩素酸」と「炭酸水素ナトリウム」が含まれた電解水により、虫歯菌や歯周病菌の周囲にあるバイオフィルム(口腔内微生物によって膜状につくられる構造体)を破壊し、菌を破裂させる仕組みで、現在は約200の歯科医院で販売されている。

従来の虫歯菌や歯周病菌の殺菌に使用していた抗生物質などの薬とは異なり、白血球と同じ殺菌成分であるため、アレルギーや副作用の問題がほとんどなく、子供や高齢者まで安全に安心して利用できるのが特徴だ。


開発元のサイトを見るともっと学術的に書いてあります。まあ殺菌作用があるのは当然ですが、これが白血球によっても作られているということは初めて知りました。より詳しくは白血球の中の好中球が酵素により次亜塩素酸を作っているようです。

しかし、体内でも生成しているから安全安心と言い切るのはどうかと思います。だって家庭用漂白剤の成分だし、プールの塩素消毒に使うのもほぼ同じものですから。まあ濃度が低いというのと、無差別に酸化することで殺菌するし、すぐに分解するから抗菌剤に比べれば安全ということなのでしょう。まあいずれにせよ、生体内で次亜塩素酸が利用されていることは素直に驚きでした。
by Y-Iijima_PhD | 2009-07-13 23:55 | 化学