人気ブログランキング |

デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月日は百代の過客にして

デンマークを去り今日でちょうど1年。日本に帰ってきたのは次の日だったので明日で丸1年です。月並みですがこの1年間いろいろありました。ここ数年は密度が高くて、1年後はほとんど予想できない状況が続いています。おそらくこれからの数年もそんな状況が続くことでしょう。まあ自分は基本的に一箇所にとどまり続けるタイプではないのでそれは問題ではないのですが、ステップアップ、もしくはそれが望める状況でなければ厳しいですね。とりあえず喰いっぱぐれずにこれていることは感謝するべきなんでしょうが。

今のポジションも約半年が過ぎました。仕事はまだまだ走り始めた段階ですが、年内には少しは方向性が見えてきそうです。再来週からは3回だけですが演習の講義も持たないといけないのでその準備をして、科研費を書いてなのであまり実験が進まない日々が続きます。

とりあえずこの半年は仕事に集中してきましたが、そろそろ次のことも考えていかなければなりません。基本的にあと1,2年の予定なのでその後どこに行くかです。1年日本で暮らしてみて考えて、またヨーロッパで働きたいというのが本音です。まあアメリカとかオセアニア地域とかシンガポールなんかも可能性はなくはないけど。日本も変わりつつあるのかもしれないけれど、自分の分野はどうも変化が他よりも遅い感じで旧態依然としたシステムが維持され続けています。そのシステムの中で頑張って耐えて将来に対して貯金して、上にあげてもらうというのもまだしばらくは続くかもしれないけど、自分はその中で生きていきたいとは思いません。まあ海外にいくにしても上の推薦などいろいろ必要にはなってくるでしょうが、全て任せて頑張っていればいいという状況ではないです。そんな事実上、生殺与奪の権を握られているような状況でやっていくのはリスクが高すぎます。できるだけ自分で次のポジションを決められるようにしようと思います。まあ仮に面接に呼ばれたとして受けに行く時間が取れるかどうかという問題もありますが、それは実際に決まりそうになったとしたらの話なので、今は時間があればとにかく応募してみるのが肝要です。研究助成金と一緒でとにかく出しまくるしかないでしょう。

これからの1年はとにかく頭を振り絞ってアイディアを出して実験、実験指導、特許、論文を書けるようにして研究助成金の応募、CVとアプリケーションを送り続けるという感じですね。プライベートな時間はほとんどないですね。まあこれが本当に次につながるのであれば何とかやっていけますが。
by Y-Iijima_PhD | 2009-10-04 22:20 | 日常