デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バイク走行2

前回からおよそ1ヶ月ぶりにバイクを借りてみました。今日のマシンは前回、調子が悪くて借りられなかったNinja250R。前回借りたCBR250Rのライバルと言えるマシンです。重量、サイズ、見た目も似たような感じで一番違うのはエンジンが2気筒と言うことかな。そのおかげで音もカブっぽいものではなくもっとバイクと言った感じでした。まあそれでも少し軽い感じの音ですが。シートがCBR250Rより少し低いので足も付きやすく、乗ったときの姿勢も前傾がCBR250Rよりも少ない感じです。それとアイドリングでもノッキングすることなく走れるので細い路地の多い家の近くでもスムーズに走れました。少し残念だと思った点はマシンによって違うし、セッティングしだいなのでしょうがクラッチレバーのミート位置がかなり前のほうだったのでちょんと握ればクラッチが切れるのは楽と言えば楽ですが、手のあまり大きくない自分にとっては半クラで保つのがちょっとつらい。それもあってかスタートがかなり遅い感じで、前回のCBR250Rの方がスタートダッシュはもう少し良かった気がします。まあこの辺は個体差もあるだろうし、レンタルなので自分にあったセッティングには出来ないからしょうがないです。あと停車中、特に乗り降りや引き回し中に猫が鳴いているような変な音がして気になりました。走行中もアクセル一定なのにたまに音が変わったり、アイドリングの回転がちょっと変化したり。それでもアイドリングでも普通に走れてエンストしにくいのは初心者にとってはいい点でした。

b0121425_23353188.jpg


今日はまだ2回目なのでまた近場をぐるぐる回ってみました。とりあえず前回も行った京浜島まで行って、どんな感じなのかを確かめてみました。基本的に軽いので扱いやすいですが、その分今日は風が強かったのでかなりあおられました。スタートが遅いのでビッグスクーターに抜かれたりもしましたが、流れに乗ればまあ大丈夫かな。そこそこ車がいる環7の巡航スピードには十分ついていけるけど、すいて来ると少しアクセルを多めにあけないとすぐにおいていかれました。まあでも低速でもある程度スピードを出しても安定感のある走りでかなり乗りやすいと思いました。もちろん250ccなのでパワーは大してないけど、街のりにはサイズ的にも十分だと思います。

その後は第一京浜で多摩川をこえ川沿いに二子橋まで行って戻ってきました。ナビなしなので道路の案内板便りで曲がるタイミングを逃してしまい、予定より長く走ることになりましたが大分扱いに離れた感じがします。途中幻のニュートラルも体験したたし。まあすぐにギアを入れなおしたので問題なかったですが。しかし、連続して1時間以上走ると結構疲れてきます。前回はあまり長く走らなかったからマシンのせいかは分かりませんが右足は基本常に少し曲げた状態でいるので段々つらくなってくるし、やはり排気量が小さいからスピードを上げると振動も結構来ます。なのでトイレついでに1時間から2時間に最低でも一回10分ぐらいは休んだり、歩き回ったりしたくなります。

まあこれは装備のせいもあるんでしょうけど。初心者なので安全マージンはかなり大きくとった装備をしています。教習所でも胸と背中のプロテクターは着けていたけど、さらに肩、肘、膝にもプロテクターをつけています。そしてその上にレザーの上下、足はスチールカップ入りのエンジニアブーツ、グローブもレザーでナックルプロテクター付き。頭は当然ヘルメットという完全防備です。

b0121425_23354081.jpg


b0121425_23353742.jpg


まさに現代の騎馬武者といった感じです。後で計ったら総重量10kg以上もありました。これだけつけてたらそら疲れるわな。まあでも安全のため。プロテクター何もなしでは心もとなくて乗る気に慣れません。判断力が低下しないように適度に休憩をしていけば大丈夫でしょう。

ということで今日は前回よりは走りましたが給油してみると3リットル程度。セルフだったのですが給油レバーを押してもほとんど出てこないぐらい減っていなかったので少しずつちょろちょろ出してようやく3リットルでした。今度はもっと遠出してみようかな。次に借りるとしたら教習車と同じタイプの400ccかドラッグスターにしてみようかな。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2012-02-06 00:24 | 日常