デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ハワイ新婚旅行1

退職したことで次の仕事まで時間が出来たので半年遅れの新婚旅行に行ってきました。行き先はべたなハワイ。タイ人の妻は結婚してアメリカの観光ビザが取れるようになったので記念に行きたいと言うことで行ってきました。自分は1年少し前に学会で行ってきたので2回目です。前回はほとんど学会会場とホテルの往復、少しだけワイキキ散策程度でしたが今回は100%遊びです。やっぱりハワイは仕事で来る場所じゃないでしょう。

ハワイ行きは夜行便ぐらいしかないのですが、出発日は午後から台風並みの嵐。欠航にならないか心配でしたが、数時間遅れで風が収まってきた深夜12時に出発。通常成田空港は夜10時までですが、この日はまだ着陸待ちの便もあったので深夜まで営業でした。ハワイ到着は早朝の予定でしたが遅れのため昼ごろになりました。まあ寝不足で早朝着いてもやることがないのでちょうどいい時間帯になりました。

ハワイの天気は打って変わって快晴。気温は27,8度で暑いは暑いが我慢できないほどではない。この暑すぎず寒くない気候は最高です。今回の宿はワイキキの端。動物園の向かいでダイヤモンドヘッドが良く見えます。

b0121425_03236.jpg

b0121425_0321585.jpg

b0121425_03259100.jpg



初日は基本的に特に何もせずワイキキをぶらぶらしました。まだ寝不足だし。前回ワイキキに1週間もいたのでもう土地勘はあります。まあそもそもワイキキは大して広いエリアではないですが。基本的に今回はワイキキ以外をメインで行こうと思っていました。そこで次の日の足をチェック。

今回の旅行でやってみたいと思っていたのはハーレーでクルージングです。せっかくバイクの免許も取ったんだし、ハワイの風を受けてバイクに乗ってみたいと思っていました。それにアメリカは排気量の制限がないのでいきなり大型でも乗ることが出来ます。免許を取って日も浅いのに海外で大型でタンデムするのは結構無謀かもしれませんが、レンタルで練習としてハーレーと同じクルーザータイプのドラッグスターにも乗ったし、トルクのあるグラディウスにも乗ったのでゆっくり走れば何とかなるでしょう。2人乗りなので重量が倍になるから実質的には半分のパワーでしょうし。

それでネットで調べておいたレンタルバイク店へ直行。そもそも足が届くかから心配ではありましたが、ためしにまたがってみたバイクが車高が低いので足つきはバッチリ、ステップの位置も自然な位置で非常に操作しやすい、重量も2人乗ってもまたがったまま前後に移動できたのでこいつに乗ってみることにしました。1200ccのものでしたが、レンタル料金は99$と日本に比べるとかなり安いです。しかし、デポジットとして1000$、免責額も大きいなど保障のほうは基本自己責任の感じです。まあ個人営業だからその辺は仕方ないと思います。

b0121425_0332081.jpg

b0121425_0332614.jpg



次の日の足を確保した後はワイキキのビーチで夕日を見て、とりあえずアラモアナセンターをぶらぶらしてきました。まあブランド品とか夫婦ともに興味がないので何も買わないですが。ここで困るのが食事です。前回も思ったけどハワイの飯は基本量が多く、バランスが悪く、うまくない。1人分を2人で食べても多いぐらい。野菜がほとんどなく大量の肉が出てくるのでジュースかフルーツで栄養バランスを確保。うまくないのは仕方ないのであたりを願って後は我慢するのみ。ということでハワイにいる間食事には苦労しました。いいと思ったのはステーキとパイナップルぐらいですね。

初日は多少時差ボケもあるし、そもそも寝不足だし、次の日のレンタルが8時からなので早めに就寝。本格的な旅行は次の日からです。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2012-04-19 00:38 | 旅行