デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー

2008年 03月 22日 ( 1 )

飲み会続きで更新が滞ってましたが、続けます。


今日は朝10時のバスでDubrovnikへ向けて出発します。その前に朝の散歩ということで朝7時過ぎにもう一度旧市街を周ってきました。気温はちょっと高めですが天気は少し雨模様。たいした雨ではないですが、Dubrovnikの天気が心配です。

カフェで一杯コーヒーを飲んでから宿に戻って一休み。11階から眺めるアドリア海はとても綺麗です。こうして海を眺めながめているととてもゆったりとした気分になれます。もう少し長く滞在して海辺でゆっくりコーヒーを飲んだり、本を読んだりしていてもよかったかなと思います。


10時のバスに乗り、Dubrovnikへ出発しました。今日のバスもほぼ満席。でも今日はほとんどが観光客です。SplitからDubrovnikまでは200km。しかし、ここから先は高速がないので4時間の長旅です。

Splitの街を抜けるとバスは海岸沿いの道を進みます。Dubrovnikまでリアス式海岸が続くため道はかなり曲がりくねっています。しかも海岸線がほとんど急な崖になっているので山を登ったり、下ったりしながら進んでいきます。このバスルートの景色も大変すばらしいです。晴れていればもっとよかったんだろうけど雨脚が強くなってきました。

しばらく進むとバスは内陸部の道へと入っていきました。道幅が急に狭くなり、すれ違うのがやっとです。しかも舗装もいまいちだし、崖の間をくりぬいたような狭いところを通り抜けたりします。さらに今度は完全に工事中の山道、全く舗装などされていないところを通ったりします。本当にこの道で大丈夫なのかと思うぐらいハラハラしながら行きました。

危なっかしい道を1時間ほど走った後再び海岸沿いの道に戻り、しばらくするとパスポートとアナウンスが流れゲートが見えてきました。実はDubrovnikは飛び地で陸路で行くには一部区間だけBosnia-Hercegovinaを通過しなければなりません。というわけでゲートは国境です。バスが止まると警官が一人乗り込んできて、乗客のパスポートを一人ずつ確認していきました。基本的に顔写真を見て確認するだけでスタンプは押されません。

順々に見ていって最後まで来たところで乗客の一人が理由はよくわかりませんが警官に連行されていきました。何でDubrovnikに行くのにパスポートが必要なんだとか何とかいっていたので目をつけられたのでしょうか。おかげでその乗客が帰って来るまで30分ほど待たされました。全員そろったところで出発し、少し進んだところで3時間目にしてようやく初のトイレ休憩。その後30分も進まないうちに再び国境へ。Croatiaに再入国です。今回は何事もなく通り抜けられました。

さらに進むこと1時間弱でようやく最終目的地Dubrovnikへと到着しました。DubrovnikはCroatiaの南の端の方に位置しています。世界遺産にもなっている美しい旧市街が観光の目玉です。帰ってきてから語学学校で同じクラスのMacedonia人の子が言っていましたがマルコポーロは実はこの近辺の出身なんだそうです。他にもCroatia出身の有名人には天才科学者ニコラ・テスラもいます。あとはネクタイ発祥の地としても有名です。

さて、到着してまずしなければならないことは今日、明日の宿探し。Dubrovnikではプライベートルームに泊まる予定だったので宿の予約はしていません。他の人の旅行記なんかを読むとバスを降りるとおばちゃんがうちに泊まれと声をかけてくると書いてありました。実際一人のおばちゃんが日本人かといって声をかけてきました。うちは何度も日本人をとめたことがあるし、今も一人泊まっているから是非うちに泊まれといってきました。場所は旧市街まで歩いていける範囲で、一泊120knと安かったので即決しました。そして、そのままおばちゃんの車で家まで連れて行ってもらいました。

そこの家では猫を飼っていて、おばちゃんも誰か旅行者から教えてもらったのか日本語でネコ、ネコ言っています。おばちゃんはあまり英語が話せませんが、基本的には親切な人で家につくとパンとグラッパを勧めてきました。そして何かすると口癖のようにdobro、dobro(good、good)といっています。
ちょうどもう一人の日本人が帰ってきたところだったので、少し話しましたが色々な国を回っているバックパッカーのようでした。そして出身を聞いてみるとなんと同郷の千葉県佐倉市。世界はなんて狭いんだ。


雨も小降りになったので日が暮れる前に一度旧市街まで行ってみました。宿からは歩いて15分ほど。途中で崖の上を通ったりします。この近辺もリアス式海岸でかなりの急斜面の上に街があります。

b0121425_6203095.jpg


旧市街はSplitのものに比べてさらに規模が大きく、メインストリートもゆったりとしています。基本的にこちらも石灰岩の白いブロックでできているところは同じです。でもはるかに観光地化されていて日本人のツアー客もたくさんいます。ぐるっと一周しているうちに日も暮れてきました。夜になると街中がライトアップされて綺麗です。

b0121425_6293656.jpg


今日の夕飯は旧市街のレストランでシーフードを食べました。レストランの前を通り過ぎると店の人がようこそ、おいしいと日本語で話しかけてきます。それだけ日本人がたくさんきているということでしょう。シーフードはもちろんおいしいですが、値段はSplitの倍ちかくします。友達もDubrovnikは何もかも高いといっていたけど本当でした。

観光は明日にして、今日は長旅で疲れたし早めに床につきました。明日晴れてくれることを祈りつつ。
[PR]
by Y-Iijima_PhD | 2008-03-22 12:00 | 旅行