人気ブログランキング |

デンマークでポスドク、大学発ベンチャーで研究員をした後、ひょんなことから大学の助教となった一博士号取得者が日々感じたこと、たまにサイエンス(主に化学)についてつづります。


by Y-Iijima_PhD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年 04月 16日 ( 1 )

タイ旅行~クラビ編2~

クラビの2日目はとにかく海で泳ぐと決めていました。アオナンのビーチもきれいだけど泳ぐ場所という感じではないようです。船が沢山とまっていて危ないし、珊瑚もないし。

b0121425_2239278.jpg


とうことでここから船で島へ行き、そこでシュノーケリングをします。目的地はピーピー諸島。レオナルド・ディカプリオの映画「ザ・ビーチ」のロケ地となった島です。まあ映画を見ていないのでどんな内容かは知らないですが。島へ向かう前に他のビーチから乗客を拾いました。ここもかなりきれいなところです。

b0121425_22512671.jpg


ここから高速船で30分ほど進むと最初のシュノーケリングポイントに到着しました。海がエメラルドグリーンでとてもきれいです。

b0121425_22535497.jpg


黒く見えるところは珊瑚がいるところです。この辺りは深さがせいぜい3m程なので安心して泳いでいられます。安全のためライフベストをつけていましたが。魚はそれほど多くなく、珊瑚も数が多いというほどではないですが、初めて実際に生きている珊瑚を見ました。

その後はピーピー諸島最大の島でお昼ご飯。ここの景色もきれいです。

b0121425_225885.jpg


その後はロケ地めぐり?泳げないけど景色がきれいなところを回りました。餌付けされている魚がパンをまくと集まってきます。

b0121425_2371625.jpg


この崖からディカプリオが飛び降りたんだそうです。

b0121425_2385074.jpg


そしてここがメインのロケ地となったビーチ。

b0121425_2311513.jpg


b0121425_23125195.jpg


ここには珊瑚はいません。そして映画にあったようにサメがいたり、ココヤシが茂っていたりしません。ココヤシは映画撮影後プーケットへ移設されたそうです。そのため映画の風景とは全く違っているとガイドが行っていました。今度映画を見て確認したいと思います。

その後はさらに2ヶ所でシュノーケリング。最初の場所は島の入り江。周囲は崖で船を止める場所がないので直接船から海へ下ります。水深は5mほど。ちょっと深いけど海底には大型のイソギンチャクが揺れているのが見えます。そして色鮮やかな魚が沢山集まってきました。ためしに餌を持って、直接与えてみると物凄い数の魚が集まってきます。そして中には指に食いついてくるやつも。つねられたような感じでちょっと痛いです。これは餌を持っているとちょっと危険です。そのうち肩辺りにアタックしてくる奴もいて、魚に囲まれるのはちょっと恐怖を覚えました。

最後のポイントはガイドがついたといったときに、本当にここでやるのという感じの場所でした。何しろどの島からも結構離れた海の真ん中でしたから。水深は10mはありそうです。でも水が澄んでいるので珊瑚がよく見えます。このあたりの珊瑚が一番きれいでした。魚もいろいろ。相変わらずさっき噛み付いてきたのと同じ連中も群れているので要注意です。ただ内海じゃないし、波もあるのでなるべく船から離れないように注意しないといけません。

今日一日とても貴重な体験ができました。最後はアオナンビーチまで猛スピードで帰ってきました。高い波にぶつかるとかなりバウンドして衝撃がすごいのでかなり疲れました。タイでは車も車線なんか関係ないとばかりの自由な運転ですが、船もかなり自由です。

次の日は帰国日でした。クラビからまずバンコクへ行き、成田へと帰りました。帰りが夜行便だったのでバンコクで10時間ほど暇がありました。ということでいったん街へ行き、お土産を買っていこうとしたら赤シャツ軍団のデモのおかげで中心部は閉鎖されていました。道もおそらくいつも以上に混んでいるし。ちょこっと買い物して、タイ古式マッサージを受け、早めに空港へ向かいました。そしたらこちらも大混雑。パスポートコントロールに長蛇の列で通り抜けるまで30分以上かかりました。夕飯もまだだったのでお土産も少ししか買う時間がありませんでした。ということで最終日はかなりバタバタしていました。


今回のタイ旅行、象に乗ったり、温泉行ったり、シュノーケリングしたり、タイの北から南まで行きいろいろな体験ができとてもいい休暇でした。やっぱりこういう仕事から離れてのんびりする期間はとても重要です。願わくはもうちょっと長く休めるといいのですが。また行きたいと思うので、早くタイの政情が安定することを願っています。
by Y-Iijima_PhD | 2010-04-16 23:40 | 旅行